4日、韓国メディアは、朴槿恵大統領の友人女性、崔順実氏による国政介入事件により最悪の国政空白が続いている韓国が、「国際サンドバッグ」状態に転落していると報じた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年12月4日、韓国・ソウル経済は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏による国政介入事件により最悪の国政空白が続いている韓国が、「国際サンドバッグ」状態に転落していると報じた。

麻生太郎財務相は2日、「(韓国との通貨スワップ交渉で韓国側の)誰が話を決めるか全く分からない。交渉のしようがない」と述べ、事実上の中断を示唆した。韓国は最近、慰安婦合意や軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結などで日本との関係を深めてきたが、こうした日韓間の友好的な雰囲気に水を差された形となった。しかし、経済のコントロールタワーがないため、韓国当局もまともな対応ができていないのが実情だ。日本から「韓国が“オウンゴール”を入れており、交渉したくてもできない」という趣旨の屈辱的な発言を聞いたにもかかわらず、企画財政部は「実務レベルで協議中」との立場を繰り返している。

また、中国の攻勢も激しさを増している。中国は高高度防衛ミサイル(THAAD)の敷地を提供したロッテグループを対象に厳しい税務調査を行っている。事業所についても、消防・衛生・安全点検などが行われることが分かっている。さらに、中国は国内から韓流コンテンツを締め出す「禁韓令」を下し、非関税障壁も強化している。これについて、韓国政府は「世界貿易機関(WTO)などを活用して対処していく」と明らかにしたが、WTOの規律を知り尽くしている中国は、これに違反しない範囲で巧妙に圧力を強めており、まともに対処することすら容易でないのが現状だという。

建国大学のオ・ジョングン教授は「韓国の国政空白状態を日本や中国などがフル活用し、自国の利益を極大化させている」と指摘し、「一日も早く経済副首相を正常に戻すなど、経済面でしっかり対応できるようにするべきだ」と主張した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「韓国国民の1人として、この国の未来が本当に心配。セウォル号のように沈没してしまいそう」
「大統領には賢い人を選ばなければならない理由だ」
「たった1人の女性のせいで国が滅んでいく」
「朴大統領は無能で無知で意地っ張り。当然の結果だよ。政権が代われば全て解決する」

「『朴槿恵を選ぶな』という外国メディアの忠告を無視した罰。歴史的に見て、韓国は孤立する運命を持っているようだ」
「日本とのスワップより中国とのスワップの方が問題。もし中国がサード問題を理由に、現在締結している64兆ウォンのスワップを取り消したら本当にまずい…」

「国が混乱し弱まると周辺国に攻撃される。やっぱり歴史は繰り返される」
「韓国政府は本当に無能!大統領だけの問題じゃない。国会や政府高官も自分の利益だけを考え、国益など眼中にもない」
「大丈夫。完全に滅びて地獄に到着したら、新たな道が開かれるかもしれないよ」(翻訳・編集/堂本)