11月22日にオープンした「中目黒高架下」

写真拡大

 11月22日に「中目黒高架下」がオープンした。中目黒駅改札を抜けると、全長約700mにわたる高架下に、書店、アパレルショップ、飲食店など、28店舗の真新しいショップやオフィスが並んでいる。

 古くからの商店街や目黒川などの昔ながらの趣を残しながら、オシャレな店が点在する、新旧混在する新しい下町として発展してきた中目黒。そんな中目黒らしい楽しみ方ができるエリアとして、個性豊かな店舗が集結した、にぎやかな通りになっている。

「中目黒高架下」のように、近年、駅の近くや路地裏に点在する「横丁」が注目されているという。

「今まででいちばん印象的なお酒の場は俳優の石橋凌さんがぼくが20才になった日に“じゃあ飲もう”って声をかけてくださったときです」

 こう話すのは、現在放送中の、『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』(テレビ東京系・土曜24時20分〜)で主演を務める中村蒼(25)。宮沢綾役が大ブレークした前作のラブストーリー『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)から一転、パロディー満載のコメディドラマだ。

「その飲みの場でかけてもらった言葉は今でも心に残っています。“仕事がなかなかうまくいかない時もあるけど、それをぐっと耐えるのが役者の仕事だから。とにかく腐らず諦めずに続けなさい”って」

 10年後、中村が役者として一回り成長した時には、日本酒のおいしい横丁の店で、後輩に向かって、骨のあるアドバイスをするのだろう。

「やっぱり人肌に近いと思うの、つきあいが。だから構えず行けるし、何をどう頼もうと、どう楽しもうと、こっちが選びやすいじゃないですか。そりゃあ高級なところだって、自分が行きたいから選んでいるんだろうけど、ついお店側の情報に押しつけられる部分ってあるじゃない。横丁にはそういうのを自分の尺で取り込める大きさ…というか、小ささがある。そこが心地いいんじゃないかな」

 こう話すのは、横丁をこよなく愛する、イラストレーターの矢吹申彦さん。著書『東京100横丁』(フリースタイル刊)には、故・伊丹十三監督に教えてもらったいい店も載せられているという。

「ぼくの楽しみ方はね、もともと文人好きなものだから、彼らにゆかりのある横丁を訪れては、どこを気に入ったのかなあと、思いを馳せるのが好きなんですよ」(矢吹さん)

 そんな渋いおじさまたちでにぎわった横丁が、今、空前の大ブーム。若い女性客が急増しているのだ。日本の都市論に詳しい、ライターの速水健朗さんはこう話す。

「昔ながらの横丁のある街は、大規模な再開発の手が回っていない街ともいえます。とくに単身者は、“職・住”と“食・住”が近接しているところに住む方が便利ですから、彼女たちにとって、活気のある横丁(食)が近くにあるのはプラスですよね。さらに隣の席との距離が近く、他の客と自然に会話が生まれるようなフレンドリーな雰囲気は、画一的なチェーン店型の飲食店にはないもの。新鮮にうつるのでしょう」(速水さん)

 さらに最近は、恵比寿や中目黒、六本木などの若者たちが集う街に、 横丁の進化版ともいえる“にわか横丁”が続々オープン。明るく、安心して楽しめる食のテーマパークとして横丁ブームを加速させている。どの店も居心地がよく、女性ひとり客が多いというのも納得だ。

「でもね、そういうお店に行くと、つい親しくなることが大切と考えがちな人がいるんだけど、そうじゃなくていいと思うんです。たとえおかみさんやおやじさんと親しくならなくても、常連さんの名前を知らなくても、出されたものをおいしく、おいしそうに食べれば十分楽しめます。横丁が居心地いいと感じられるということは、その街のことを好きになった証拠なんじゃないかな」(矢吹さん)

 自分だけのお気に入り横丁、さっそく見つけてみて!

※女性セブン2016年12月15日号