なにがちがうの? 「ケンカが多いのに円満な夫婦」の特徴10

写真拡大

恋人とケンカしてきまずくなったまま連絡もなくなっていく……そんな経験をしたことのある人はいませんか? しかし世の中には、ケンカが多いのに円満な夫婦がけっこういます。その秘訣とはいったいなんなのでしょうか? アンケートで調査してみました!

■「ケンカが多いのに円満な夫婦」の特徴

●第1位/「ケンカを引きずらない」……23.6%
○第2位/「すぐに仲直りする」……18.9%
●第3位/「お互いをよくほめ合っている」……11.0%
○第4位/「思ったことはなんでも正直に言う」……10.2%
●第5位/「昔のことを蒸し返さない」……7.9%
○第6位/「あいさつや感謝はきちんと伝える」……7.1%
●第7位/「お互いに干渉しすぎない」……4.7%
○第8位/「親同士が仲がいい」……3.1%
●第8位/「自分の意見を無理に通そうとしない」……3.1%
○第8位/「毎日一緒に食事をとっている」……3.1%
※第11位以下は略。

■第1位/「ケンカを引きずらない」

第1位は23.6%で「ケンカを引きずらない」でした。いつまでもケンカのことをぐちぐち言う夫婦だと、それが原因でまた新たなケンカをしてしまいそう。さっきのケンカはさっきのケンカ、としっかり割り切れるとずっと仲よくできるのでしょうね。

■第2位/「すぐに仲直りする」

第2位は18.9%で「すぐに仲直りする」。ケンカをしてもすぐに仲直りできる夫婦なら、何度ケンカしても大丈夫そうですね。むしろ、細かいケンカをたくさんすることで、大きなストレスをためていないのかもしれません。

■第3位/「お互いをよくほめ合っている」

第3位は11.0%で「お互いをよくほめ合っている」。普段の関係が良好だと、ケンカをしても心の底では愛し合えていると思えて、致命的なケンカにはならなそうですね。やはり、普段の生活こそが大切なのかも。

■まとめ

こうして見ていくと、ケンカ自体は二人の仲を悪くするものではないように思えますね。みなさんは、恋人や夫とのケンカをどんなふうにとらえていますか?

(タブロイド/佐藤)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月28日〜2016年11月4日
調査人数:127人(22〜34歳の女性)