5日、中国の農民に人気のあるスマートフォンブランドランキングで、米アップルが今年、初めて首位に立った。資料写真。

写真拡大

2016年12月5日、中国の農民に人気のあるスマートフォンブランドランキングで、米アップルが今年、初めて首位に立った。中国のスマホ情報サイト「手機中国」が伝えた。

中国ネット通販大手の京東が中国農村部のネット通販の利用状況についてまとめた2016年版の報告書によると、中国農民に最も人気のあるスマホブランドトップ3はアップル、ファーウェイ、シャオミの順だった。

サムスンは2013年の首位から14年は2位に後退し、15年以降はトップ3から姿を消した。アップルは13年が2位、14年と15年が3位で、今年初めてトップに輝いた。ファーウェイは13年の3位から14年に首位となり、15年もその座を守ったが、今年は2位に後退した。シャオミは15年に2位にランクインし、今年は3位だった。(翻訳・編集/柳川)