意外にも初共演!楽しみ過ぎる顔合わせです
 - (C)『散歩する侵略者』製作委員会

写真拡大

 長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己が、劇団イキウメの人気舞台をホラー&スリラー映画の名手・黒沢清監督が実写映画化する『散歩する侵略者』(2017年9月16日公開)で初共演を果たすことが決定。黒沢組初参戦となる長澤は、「怒ってばかりの役だったので、いい意味で、こんなに大変で辛い現場は久しぶりだなと思いました。毎日ふらふらになりました」と現場を振り返っている。

 2005年に初演され再演を重ねてきた劇作家・前川知大による劇団イキウメの舞台「散歩する侵略者」は、数日間の行方不明の後、「侵略者」に乗っ取られて妻のもとへ帰ってきた男と、時を同じくして発生した一家惨殺事件を巡る物語。映画らしい大胆なアイデアに感銘を受けたという黒沢監督がサスペンス、アクション、コメディー、ラブストーリーなどさまざまなジャンルを盛り込んだエンターテインメントに挑む。

 数日間姿を消したのち別人のようになって帰って来た夫に戸惑う妻・鳴海役に長澤、毎日散歩に出かけ「地球を侵略しに来た」と妻に衝撃の告白をする夫・真治役に松田、町で発生した一家惨殺事件とともに頻発する奇妙な現象を追うジャーナリスト・桜井役に長谷川が決定。「出演オファーをいただいた時は、わたしでいいのかなと思うほど本当にうれしかった」という長澤をはじめ、松田、長谷川ともに初参加となる黒沢組に大興奮。

 松田と長谷川は「『侵略者』がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います」(松田)、「ラブストーリーでもあれば、男同士の友情を描くノワール映画的な要素もあります。ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています」(長谷川)とすっかりこの奇妙な世界観に魅せられたようだ。黒沢監督の熱烈なオファーによって実現したというアンサンブルに期待したい。(編集部・石井百合子)