まるでUFOの基地みたい!英で珍しいドームの形をした霧が目撃される

写真拡大 (全3枚)

イギリスで不思議なドーム型をした霧が目撃され、話題となっている。

教師が犬の散歩をしている時に目撃

この霧を目撃したのは、北ウェールズで教師として働いているHannah Blandfordさん(33)。

彼女は12月2日の午前8時、Tremeirchion村で犬を散歩させている時に、4マイル(約6km)離れた場所にドーム型をした霧を発見。それを写真に収めたという。

Twitter/Dave Throup

Blandfordさんは英紙THE Sunの取材に対し、次のように語っている。

「私はそれが完全なドーム型をしているのを見て、信じられませんでした。それは驚くべき姿をしていました。だから私は写真を撮らなければなりませんでした。このようなものはこれまで一度も見たことはありません。それは本当に特別なものでした」

「私はそれを10分ほど眺めていました。するとドームが平らになり始めたのです。それはまるで低く横たわった濃い雲のようでした。そして運動場12個分まで広がり、広いエリアを覆っていました」

Twitter/Dave Throup

暖かい空気が熱気球のような形にさせる

また気象庁予報官のJohn Westさんも取材に対し次のように語っている。

「これはめったにない現象です。しかし大抵、ドーム型の霧は地上近くの熱源によって引き起こされると説明されています。恐らく農業用に作られたもの、比較的暖かい溜池などが引き起こしたのではないでしょうか」

「谷などで霧が形作られる時、暖かい空気が上昇するに従い、熱源が霧を地上から持ち上げ、ちょうど熱気球のようにドーム型にさせるのです」

ネットではこの写真が話題となり「これはUFOの基地だ」や「宇宙人がカモフラージュしているんだ」といったユニークな声も寄せられたが、確かに人工的にすら感じられるほど美しいドーム型をしているといえるだろう。