5日、環球時報(電子版)によると、ドナルド・トランプ米次期大統領は4日、「(中国は)南シナ海に大きな軍事施設を建設してもいいか、とわれわれに聞いたか。私はそう思わない」と自身のツイッターに書いた。写真はトランプ次期大統領の人形。

写真拡大

2016年12月5日、環球時報(電子版)によると、ドナルド・トランプ米次期大統領は4日、「(中国は)南シナ海に大きな軍事施設を建設してもいいか、とわれわれに聞いたか。私はそう思わない」と自身のツイッターに書いた。トランプ氏が南シナ海問題に言及したのは初めて。

トランプ氏は中国の為替操作にも触れた。「通過の価値を下げたり、中国に入るわれわれの製品に重い税金を課すことも、われわれの了承を求めたか」と非難した。

仏AFP通信は、同氏の今回の投稿が台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と電話協議した2日後であることを指摘。蔡総統への電話は内外から強い批判を受けたが、同氏はツイッターに「興味深いのは、米国は台湾に大規模な軍事装備を輸出しているにもかかわらず、私は1本の祝いの電話を受けることもできない」と皮肉を書き込んだ。同氏は南シナ海、為替問題の両方で中国をけん制したとみられる。(翻訳・編集/大宮)