大河ドラマ「おんな城主 直虎」に主演する柴咲コウ/(C)NHK

写真拡大

'17年1月8日(日)から始まる大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の初回試写会が行われ、主演の柴咲コウが登壇した。

【写真を見る】大河ドラマ「おんな城主 直虎」1月8日(日)夜8時ほかからNHK総合ほかにて放送!/(C)NHK

「おんな城主 直虎」は、戦国時代に女性ながらに男の名で城主となった井伊直虎の生涯を描く。

初回から第4回までは、のちに直虎と名乗る井伊家当主の娘・おとわを子役の新井美羽が演じる。おとわは、分家の嫡男・亀之丞(藤本哉汰)、筆頭家臣の子・鶴丸(小林颯)と共に育ち、亀之丞といいなずけになるが、亀之丞の父・直満(宇梶剛士)が主家・今川家から謀反の疑いを掛けられて殺されると、亀之丞も命を狙われ国を離れる。

第5回からは出家して次郎法師と名を変えたおとわを柴咲、直親と名を変えた亀之丞を三浦春馬、そして政次と名乗る鶴丸を高橋一生が演じ、序盤はこの3人の関係を軸に物語が進んでいく。

柴咲は新井の演技を「どこを切り取っても快活で、この年代の子供が演じているとは思えないです。演じているというより、少女が活き活きと生きているなと感じました」と絶賛。「直虎という人物はあまり世に知られていませんが、彼女のバックグラウンドをきちんと描いているので、直虎という人物をしっかりと伝えられると思う」と語った。

また、第5話では出家した次郎法師が、滝行を行うシーンも。柴咲は、「朝早い撮影で、時期の割には寒かったのですが、滝に打たれると撮影のことも忘れて、ただお経を唱えるという一心でした。これこそが修行なんだなと思いました。やみつきになってしまって、プライベートでも行こうかなと思います」と人生初の滝行を気に入った様子を見せていた。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」は'17年1月8日(日)夜8時ほかから放送!