全米オープンテニス準々決勝で世界ランク1位のアンディ・マレー(右)を撃破した錦織圭(左)【写真:Getty Images】

写真拡大

米専門サイト特集、今季ベストゲームトップ10で3位選出

 2016年を世界ランキング5位で締めくくった男子テニスの錦織圭(日清食品)。リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し、全米オープンとATPツアー・ファイナルでは2年ぶりの4強に進出した。そんな26歳が挙げた金星が米メディア選出の2016年男子シングルスの名勝負トップ10で堂々のトップ3にランクインしている。

 米スポーツ専門ニュースサイト「ブリーチャーズ・レポート」では「ランキング 2016年シーズンの男子テニスの試合ベスト10」を特集。9月の全米オープン準々決勝で錦織がアンディ・マレー(英国)をフルセットの死闘の末に撃破した試合が3位に入った。

「本命のアンディ・マリーと2014年大会のファイナリスト錦織圭とのUSオープン準々決勝の5セット目の終盤は全てのポイントがシーソーのようなドラマだった。錦織のクラシックな大番狂わせで幕を閉じた」

 記事では、錦織が1-6、6-4、4-6、6-1、7-5で逆転勝ちした試合をこう振り返っている。

勝敗分けたのは錦織の「ガッツと忍耐力」

 また「今年最も拮抗した試合」と紹介。「違いを見せたのは錦織のガッツと忍耐力だった。錦織はサーブアンドボレーとドロップショット、スライス、スコットランド人のセカンドサーブで攻勢に仕掛けるなど、よりアグレッシブさを見せた。第5セットの6-5でリードした第11ゲームのブレーク成功が何よりも大きかった」と日本人の勝因について分析し、「錦織はより落ち着いていた。冷静を保った」とも評した。

 一方、両者が今季最終戦のATPツアー・ファイナルでも対決したことも紹介。1次リーグA組の第2戦で対戦した際は錦織が7-6、4-6、4-6と逆転負けを喫したが、この一戦が大会史上最長の3時間21分に及んだこともレポートされている。

 また今回の特集では今季のベストゲーム1位にウィンブルドン準決勝でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がロジャー・フェデラー(スイス)を6-3、6-7、4-6、7-5、6-3で破った一戦が選出されている。

 以下が今回選出されている2016年の名勝負トップ10。

1位 ウィンブルドン準決勝 ラオニッチVSフェデラー
2位 ATPワールドツアー・ファイナル準決勝 マレーVSラオニッチ
3位 全米オープン準々決勝 錦織VSマレー
4位 全仏オープン決勝 ジョコビッチVSマレー
5位 リオデジャネイロ五輪決勝 マレーVSデルポトロ
6位 デビスカップ デルポトロVSマレー、デルポトロVSチリッチ
7位 ウィンブルドン準々決勝 フェデラーVSチリッチ
8位 全米オープン決勝 ワウリンカVSジョコビッチ
9位 全豪オープン4回戦 ジョコビッチVSシモン
10位 BNPパリバオープン ナダルVSズベレフ

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images