「彼は本当に私のことが好きなのかな?」
彼のことが好きすぎて彼の愛情が本当なのか不安になることもありますよね。今回は彼の愛情が本物か見極めるポイントを紹介。もし彼に当てはまるのなら愛されているから不安にならなくても大丈夫。

簡単に別れ話を出さない

付き合いも長くなればケンカもすることであってあるでしょう。彼がケンカのたびに「別れる!」という場合、もしかしたら本当にあなたのことを愛してはいないかも。本当に愛しているのなら、ケンカになっても別れようとは思いませんし、どうにか解決しようとちゃんと話し合います。
また、あなたが「別れる!」と言ったときに引き止めてくれるのならあなたを手放したくない証拠。簡単に別れを切り出さないのなら愛されていると思っていいかも。

拗ねたら機嫌をとろうと頑張る

そこまで好きでもない彼女に拗ねられたら、ただただ面倒くさいだけ。ひどい場合は面倒で放置する男子だっているでしょう。けど、拗ねても放置せず、一生懸命機嫌をとろうと頑張ってくれるのなら、あなたのことを愛している証拠。あなたを笑顔にさせようとしてくれる彼ならずっと一緒にいても大丈夫。

スキマ時間に会ってくれるか

忙しくても、疲れていてもなるべく会おうと時間をつくってくれるのなら愛されています。忙しくて寝る時間もまともにとれないのに、夜ちょっとだけでも会ってくれたり、昼間ランチを一緒にしてくれたりと、スキマ時間でも会おうとしてくれるなら愛されている証拠です。
逆に忙しいと言ってまったく時間を作ってくれない彼はもしかしたら会いたいと思ってないのかも……。

病気のとき一番に心配してそばにいてくれる

病気になって寝込んだとき、一番に心配してそばにいてくれるのならしっかり愛されてます。治るまで「具合どう?」「動ける?」「なにか必要なものあったら買っていくけど」など気遣ってくれるのなら本当に大事にされてます。
逆に「大丈夫?」の一言だけでなにもしてくれないという場合、愛されてはないかも……。

不安にさせない

どんな男子も大事な彼女を不安にさせたり、寂しくさせたりしたくないと思ってます。なのでマメに連絡をとって、会えない時間もつながって不安にさせないようにしようとしたりします。もし彼がマメに連絡してくれる、電話で声を聞かせてくれるのなら愛されてます。
またあなたが不安になってしまったときは夜中の電話に付き合ってくれたり、そばにいてくれたり、と不安が消えるようにしてくれるのなら大事にされている証拠。