パトリシア・コーンウェル 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 パトリシア・ハイスミス著「ザ・プライス・オブ・ソルト」を映画化した「キャロル」(ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ主演)でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたフィリス・ナジーが、作家パトリシア・コーンウェルの「検屍官」シリーズを映画化する新作を執筆すると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 女性検屍官ケイ・スカーペッタが活躍する原作は、1990年の第1作から今年出版された第24作「Chaos(原題)」まで続いている大ベストセラー・シリーズ。全作の映画化権を所有している米Fox2000が、2009年に映画化企画を立ち上げ、一時はアンジェリーナ・ジョリーがスカーペッタ役で主演することを前提に準備が進められていたが、なかなか進捗が見られなかった。

 このほど、Fox2000は女性心理の機微を描くことに長けたナジーを脚本家として起用。映画は、米20世紀フォックスのリメイク版「オリエント急行殺人事件」を手がけるマーク・ゴードンがプロデュースする。監督やキャストはまだ決定していない。