Inc. : 運動によって向上するのは、体の健康だけではありません。 頭の働きもよくなるのです。信じられないかもしれませんが、体を動かすことが思考力の向上につながることが数多くの研究で証明されています。

ジムに行かなくてはと思っていた人には、モチベーションが上がるすばらしい朗報ですね。しかし、ジムに行っても「いったいどんな運動をすればいいのか」という大きな疑問が出てきます。

ランニングマシーンで長時間走るなど、心肺機能を強化するものがよいのか? それとも瞬発力を高めるスポーツやダンスエクササイズのほうがよいのか? 王道はやはりウェイトトレーニングなのか?  ある研究ではそういった疑問の答えが見つかりました。

「トレーニング」によって脳の容積増加


その研究とは、高齢者の認知機能低下と認知症の発症を防ぐ目的として行われ、55歳から86歳までの100人にトレーニングメニューを課して脳にどのような効果がもたらされたかを、検査やMRI画像で調べるというものでした。トレーニングを6カ月間続けた対象者たちは、認知機能が向上しただけでなく、脳の主要部位の容積増加が見られたのです。

さて、この人たちはいったいどんな運動をしたのでしょう? それはウェイトトレーニングです。具体的にはそれぞれの最大筋力の80%の重量のリフトを週に2回行ったとのこと。こうした筋トレは筋肉だけでなく、脳の容積まで増やしてくれるのです。

この研究論文の著者であるシドニー大学のYorgi Mavros博士は、この結果に大いに感銘し知的能力を維持しながら年をとりたいすべての人に、週に2回のウェイトトレーニングを勧めています。

「多くの人がウェイトトレーニングを行うようになってくれれば、高齢人口全体の健康向上が期待できます」とMavros博士は述べています。

しかし彼はこう付け加えています。「ただし必ず継続的に行う必要があり、最低でも週に2度行うこと。そして、適切な負荷をかけてトレーニングを行うことが重要です。それによって脳にもたらされる効果も最大限発揮するのです」


脳の若さを保つもう1つの方法


年をとっても脳機能を現役バリバリの状態に保つ方法として、科学的に証明されたものをもう1つお教えしましょう。

最近科学界で広く否定されるようになった「脳トレ」ではなく、シンプルな瞑想を始めてみてください。瞑想は脳を若返らせることが最近、別の研究でわかっています。


This Specific Type of Exercise Will Keep Your Brain Young, Study Says|Inc.

Jessica Stillman(訳:和田美樹)
Photo by Shutterstock