4日、中国福建省福州市に沖縄観光・物産展示ホールがオープンした。

写真拡大

沖縄観光・物産展示ホールが中国福建省福州市に4日、オープンした。設立者は、「この展示ホールが、沖縄にとって、福建省での文化輸出の窓口となり、観光・商業・文化などの交流活動が展開する場となるだろう」とコメントした。中国新聞網が伝えた。

展示ホールには、沖縄菓子や飲料、黒砂糖製品、泡盛酒、琉球ガラス製品などさまざまな沖縄の特産品が勢ぞろいした。また、会場で配られる沖縄観光PRパンフレットを見て、来場した福州市民は、「本当に素晴らしい沖縄」を肌身で感じることになる。4日午前中に開幕した同ホールには、たちまち多くの市民が詰めかけ、「沖縄」の雰囲気を肌で感じていた。

福州で通訳をしている朱紅研さんは、これまで沖縄について良く知らなかったという。「沖縄は福州と大変近く、直行便もたくさん就航しており、観光旅行はますます便利になってきているが、沖縄の文化や特色は私にとってまったく未知の世界だった。沖縄観光・物産展示ホールは、福州市民の沖縄文化に対する理解をより深める役割を果たすだろう」と朱さんはコメントした。

今回の沖縄観光・物産展示ホールは、公益財団法人「沖縄県産業振興公社」が設立した。同公社の金良実・事務局長は、「福建と沖縄には、600年を誇る友好往来の歴史がある。今回設立した沖縄観光・物産展示ホールに、多くの福州市民が気軽に立ち寄ってくれることを望んでいる。ホールは、福建省自由貿易試験区政策を十分に反映するものであり、オンラインショッピングの実物体験店舗ともなる」と語った。

また、金良実・事務局長は、「沖縄は日本の有名観光地だ。2015年には150万人の海外観光客が沖縄を訪れたが、この多くは中国人観光客だった。この展示ホールが観光PR活動を行うことで、福州市民が沖縄の最新観光情報をより多く理解するよう期待している」と続けた。(提供/人民網日本語版・編集KM)