「性格のいいブスよりも性格の悪い美人のほうがいい」という言葉もありますが、今回は“性格の悪い美人は人気がない”ことについて調べてみました。「いくらかわいくても、こんな女性とは付き合いたくない!」と思われてしまう女性の言動には、いったいどのようなものがあるのでしょうか?
これがわかれば、モテ女になるためのポイントも見えてくるはず!

1:自己中心的すぎる!

「あまりにも自分のことしか考えていない人は、いくら美人でも付き合いたくないな。デートするたびに疲れちゃいそう」(28歳/男性)

▽ (相手を無視して)自分の都合や感情を押し通すやり方は、あまり気持ちのいいものではありません。とはいえ、自己犠牲的になるのも困りもの。そこはうまい具合に折り合いをつけていくようにしたいものですね。

2:悪口ばかり口にする!

「友だちの悪口ばっかり言う人ってなんなの? 信用できない人とは付き合えないよ。それに、自分も裏でなにか言われてそうでこわいし……」(30歳/男性)

▽ その場にいない人の悪口ばかり言う人の信頼度というのは、悪口を言われている人のそれよりも低いということを把握しておきましょう。

3:不平不満が多い!

「どこに行っても、なにをしても不満や文句ばかり言う人とは、一緒にいてもストレスが溜まるだけ」(30歳/男性)

▽ 不満や文句などの、楽しい気分を台無しにするような言葉を使いすぎるのもNG。私たちだって、文句ばかり言っている男性とお付き合いしたいとは思えないですよね? それは男性だって同じこと。一緒にいて癒される、楽しめる――そういう女性と付き合いたいのです。

4:受け身すぎる!

「話しかけても反応が薄い、同性の友だちとばかりつるんでいる……これじゃあとりつく島もない」(29歳/男性)

▽ 緊張してうまく話せないのは仕方ありません。
ただ、それなら「さっきは話しかけてもらったのにごめんね! 緊張しちゃって、うまく話せなくて……」など、あとあとのフォローが必要だと思います。受け身すぎる女性よりも、積極性がある女性のほうが男性ウケがいいのは確実です。

5:ノリが軽すぎる!

「遊びって割り切った関係なら、それでもいいんだけど、本命となると話は別! ノリが軽すぎる人とは付き合いたくない。心配すぎてどうにかなりそう!」(27歳/男性)

遊びの関係ならいざ知らず、最も本命彼女の座を射止め難いのが“軽い女”なのです。やはり、ある程度身持ちを固くしておくのがベター。

いかがでしたか?
外見とともに内面も磨いて、モテない女から脱出しましょう!