生田斗真と対戦した瑛太

写真拡大

 生田斗真が5日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『土竜の唄 香港狂騒曲』の完成記念イベントに出席、イベント中に女性ファンを壇上にエスコートしてハグをするという生田の大胆な行動に、会場に集まった600名のファンは黄色い歓声をあげていた。

 この日はほかに瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒、上地雄輔、仲里依紗、岩城滉一、堤真一と主要キャストが勢ぞろい。映画の完成を記念してキャスト同士がゲーム対決を行って会場を盛りあげた。なかでも生田と瑛太は、「借り物競争」で対戦。テーマは「香港にまつわるもの」、範囲は「観客の中」で、瑛太は香港で販売された「出前一丁」を、生田は女性ファンを“借りて”ステージに戻った。

 エスコートしてきた女性に生田が「あなたの出身はどちらですか?」と質問をすると、女性は香港からきたことを説明。来日の目的を「(生田に)会いにきた」と日本語で述べると、生田は優しくハグをしてあげた。勝負は惜しくも瑛太に敗れたものの、生田の行動に会場中の女性ファンが衝撃を受けていた。

 トークコーナーでは主要キャストを代表して生田が「男性陣はもちろん、女性陣が本当に男前で体を張っていて。誰も観たことのない姿を披露している」と感想を語る。自身については裸でヘリコプターに吊られるシーンがあると明かし、「(僕が)裸で空を飛ぶのを楽しみにしてほしい」とコメントした。そのシーンの撮影の際に「楽屋に衣装はありましたか?」という司会からの質問に生田は、「衣装はなくて前張りだけ置いてありました。もし前張りで困っている俳優さんがいたら僕を訪ねてほしい」と言って笑わせた。

 本作は三池崇史監督がメガホンを取り、高橋のぼるの人気コミックを実写映画化した『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』の続編。原作の「チャイニーズマフィア編」をもとに、チャイニーズマフィアの撲滅、最終ターゲットの護衛を命じられた潜入捜査官の菊川玲二(生田)に、次々と危機が降りかかるさまが描かれている。(取材・文:中村好伸)

映画『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日より全国公開