ざわざわ森には、少年の時代では当たり前だったテレビもスマホもコンビニも電気さえもない! - 新アニメシリーズ「がん がん がんこちゃん」より
 - (c)NHK

写真拡大

 NHKの人気人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」の放送20周年を記念し、「がんこちゃん」史上初となるアニメシリーズの放映が決定した。

 「がんこちゃん」は、人類が滅亡して文明が失われた超未来の地球を舞台に、ざわざわ森で暮らす「新世代恐竜」の子供・がんこちゃんと仲間たちの明るく楽しい珍騒動を描いた作品。新アニメシリーズ「がん がん がんこちゃん」は、2020年からタイムマシンで現れた人間の少年・ゲンくんが、がんこちゃんの家に居候するドタバタコメディーとして作られているとのこと。

 アニメは、2017年1月23日からNHK・BSプレミアムでレギュラー放送を開始。それに先立ち、今年12月19日、26日に第1話と第2話の先行放送を行うという。テーマ曲・歌は松平健が担当。また声優は人形劇版に引き続き、根本圭子、小林由美子、野沢雅子、緒方賢一、日高のり子らが務める。

 同アニメのほかにも、「がんこちゃん」の放送20周年記念番組としては、これまで謎とされていた人間が滅んだ理由や、ざわざわ森の周りに広がる砂漠の秘密に迫るスペシャル番組「エピソード0〜ざわざわ森とさばくのひみつ〜」の放映も12月31日に予定されている。(編集部・井本早紀)

アニメ「がん がん がんこちゃん」は2017年1月23日より毎週月曜午後6:25〜6:30にNHK・BSプレミアムで放送 先行放送:2016年12月19日、26日
スペシャル人形劇「エピソード0〜ざわざわ森とさばくのひみつ〜」は2016年12月31日午後5:00〜5:30にNHK・Eテレで放送