写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本初上陸の世界最大級ポップカルチャーイベント「東京コミックコンベンション(東京コミコン)2016」が千葉県・幕張メッセで12月2〜4日にわたって開催。米国発のイベントだけに、コスプレもアメコミやハリウッド映画に登場するキャラクターが中心となっており、会場では再現度も美女度もハイクオリティーな美人コスプレイヤーさんたちが注目を集めていた。

最終日となった4日には、映画「バイオハザード」シリーズをテーマにしたコスプレコンテスト「TOKYO COMIC-CON BIOHAZARD THE FINAL COSPLAY CONTEST 2016」も開催された。シリーズ屈指の人気を誇るジル&エイダのコンビで登場したNRK the Hedgehogさん(@nrk_h)とLOPEさん(@lopechante)は、檀上で劇中をイメージしたアクションを披露。国内外の「バイオ」ファンが集まったイベントだけに、「こんなにたくさんの人に『バイオ』のコスプレを見ていただけたのがとてもうれしい」と感謝を伝えていた。

今回の会場で特に多かったのが、『スーサイド・スクワッド』に登場し、キュートな"悪カワ"ヒロインとして世界中を魅了したハーレイ・クインのコスプレ。ただひと口にハーレイ・クインといっても、どの衣装を再現するかや小物のセレクトなど、それぞれに個性が演出されていた。

さらに『X-MEN』のミスティークや『スーサイド・スクワッド』のエンチャントレス(かんなさん[@kappanoko])、『アリス・イン・ワンダーランド』のマッドハッターなど、その完成度の高さは国境を越えた人気ぶりで、熱い視線を集めるとともに、写真撮影を求める人だかりができていた。

それでは、3日間にわたって行われた記念すべき第1回「東京コミコン」で、会場を華やかに彩った美人コスプレイヤーさん、そしてコスプレに身を包んでブースをPRしていた美人コンパニオンさんたちを紹介する。