写真提供:マイナビニュース

写真拡大

A10ネットワークス(A10)は12月5日、SaaS型アプリケーション配信管理プラットフォーム「A10 Lightning Application Delivery Service (Lightning ADS)」を、日本市場にて2017年第1四半期より提供開始することを発表した。

Lightning ADSは、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境で提供されるアプリケーションのパフォーマンスを最適化し、WAFやDDoS攻撃防御などのセキュリティ機能を同時に提供する「Lightning ADC」と、Lightning ADCに対する設定やサービス状況の監視を一元的に管理できる「Lightning Controller」で構成されている。コンテナやマイクロサービスベースのアーキテクチャに対応し、ChefやPuppet、Ansibleなどの自動化ツールと連携できるため、DevOpsを実践する組織などに適しているという。

製品に含まれているLightning ADCは、各クラウド環境でレイヤー4-7のアプリケーション負荷分散、およびセキュリティ機能を提供する。Lightning Controllerは、さまざまクラウド環境にわたり、アプリケーション配信の管理やポリシー設定、ビッグデータのリポジトリ、およびアプリケーションごとの分析エンジンを提供する。

また、アプリケーション単位でのインフラストラクチャ管理、ポリシー管理、可視化と分析機能を提供するポータル「Lightning Portal」、Lightning ADCが持つ全ての機能を外部から利用可能にするRESTful APIである「Lightning API」を用意している。

(山本明日美)