クリスマスデート前必見! モテ女子の「香水のつけ方マナー」トリセツ

写真拡大

 

 

12月!

クリスマスデートの予定を組み始める女子も多いこの季節、デートの前の身だしなみは洋服のチェックだけになってない?

メンズが思う「モテ女子」のイメージとして、必ずあがるワードに「いい香りがする♪」は鉄板のアンサー。

クリスマスデート前に、「香り」のマナーもチェックして、彼の気持ちをぐっと近づけちゃおう♪

 

 

 

タイミングはお出かけの30分前

 

まず、お気に入りの香水を付けるタイミングからおさらい!

よく、メイクも着替えも終わって家を出るときに「シュッ」と香水をつける人、多くないですか?

実はこれNGなんです。

 

W

 

香水はつけたてがいちばん香りがキツイため、「家を出る30分前」、もっと言えば「服を着替える前」がベストタイミングです。

洋服を着たままつけると、香りが服に移ってしまうのでよくありません。

香りが自分の体になじんでから出かけるのが大事。

 

 

 

どこにつけるのがおすすめ?

 

自分にとって大好きな香りだと、ついついたくさんつけたくなってしまいがちですが、香りの好き嫌いは人それぞれ。

そこで、「不快にならない場所」のオススメをご紹介します。

 

 

(1)フワッと香らせたいなら「腰より下」

 

すれ違った時や、体勢を変えたときに「フワッといい香り」が不快にもならずメンズ受けもいい香り方。

そこでオススメな場所が「足首」「ひざの裏」「太もも」などの腰より下のゾーンです。

比較的汗もかきにくく、鼻から遠い位置なので、優しく香るオススメの位置です。

また、香りは下から上へ香る習性を持つため、その点からもちょうどいいんです。

 

Woman puts perfume on

 

 

(2)はじめての香水を試すなら「くぐるだけ」で!

 

店頭で香りを試したことはあるけれど、一日お出かけに付けた事はないって時にオススメなのが、「シュッとプッシュしてその下をくぐる」つけ方。

 

こうすることで、一か所に香りが集中せず、その香りにまだ慣れていない自分も、周りの人もふんわり香るつけ方ができちゃいます。

ちょっと大人な香りデビューをする時にもオススメです♪

 

 

 

香りを持続させるには?

 

せっかくのいい香り、さりげなくフワッと香らせて、長持ちさせたいですよね!

そこでオススメな裏技を2つご紹介。

 

(1)香水は保湿してから!

 

 

 

 

 

 

kiraraさん(@1107_kirara)が投稿した写真 -

 

 

 

 

 

肌が乾燥していると香りが飛びやすくなってしまいます。

乾燥しているなと感じたら、肌の保湿をしっかりしてから香水をつけるようにしてみましょう。

保湿するときに注意するのが、香水の香りと混ざらないように無香料の保湿クリームを選ぶといいでしょう。

 

 

(2)つけたら「こする」は間違い!

 

香水を手首につけて、こすり合わせる仕草、よく見かけますよね!

でも実はアレNGなんです。

こすることによって、「香り」が潰れ、のトップコートがとんでしまうんだそうです。

香りの成分ってとってもデリケートらしいので、ゴシゴシこするのはやめましょう。

 

 

 

香水のNGマナー

 

ステキな香りの香水にも、NGな場所やマナーがあるので注意しましょう!

レストラン、葬儀、病院のお見舞いへはNG。

デートの時はお気に入りの香水をつけたくなりますが、レストランでの食事は周りの人に不快になる場合があるため、基本NG。

付けるなら香りが薄まるよう、少量をだいぶ前につけておきましょう。

また、病人も香りに対しては敏感に感じるため、病院でもNG。

葬儀は言うまでもなくNGです。

 

 

 

さいごに

 

香水のマナーについてのトリセツをいくつかご紹介しましたが、大切なのは、「香りは場所と相手に合わせて楽しむこと」

 

Fotolia_109096112_Subscription_Monthly_M
 

 

ココ・シャネルの有名な言葉に「香水はキスしてほしいところにつけるもの」という言葉がありますが、女性にとって香りを楽しむことはとっても大切なオシャレです。

ステキな香りはメンズにとって深い印象を残し、記憶に残ります。

 

だからこそ、大切なクリスマスデート前、「自己満なつけ方」にならないよう、不快にならない「香水マナー」をおさらいして、ハッピーな香りをまとってデートに出かけましょう♪