キム・ユンソク、セクハラ論争について謝罪「軽率だった」

写真拡大

俳優キム・ユンソクがセクハラ発言について謝罪した。

キム・ユンソクは5日午後、映画「あなた、そこにいてくれますか」記者懇談会の直前、席から立ち「謝罪しなければならない」と話した。

彼は「週末を挟んでいて少し遅くなったが、論争になった発言について申し訳なく思う。軽率だった。深く反省している」と話した。

キム・ユンソクは映画「あなた、そこにいてくれますか」のイベント当時、公約で女優のひざ掛けを下ろすなどの不適切な発言でネット上で指摘を受けた。