写真提供:マイナビニュース

写真拡大

医療法人淳信会はこのほど、病気になる手前の「未病」患者専門のクリニック「ホリスティキュア メディカルクリニック」を東京都中野区で開業した。

「未病」とは、病気の症状は現れていないものの、病気に向かいつつある状態で、健康でも病気でもない状態のこと。同クリニックでは、"疲れやすい""イライラする""むくみやすい"といった医学的に原因のはっきりしない症状から、"仕事の効率が落ちてきた"といった悩みまで、幅広く対応する。

診療を担当する医師は、米国発の最新栄養学「ホリスティック栄養学」を学び、国内に約130人しかいないコロラド州認定栄養学校(米国)の栄養コンサルタントの資格を取得した、登坂正子理事長と尾都野信子院長。

診療は、栄養と心・身体のバランスによる健康づくりを長年研究した登坂氏が開発した「ホリスティキュアメソッド」をもとに行う。「ホリスティキュアメソッド」は、最新の栄養学と医学を合わせることによって、未病レベルから疾患レベルまで健康寿命の延伸を目指し提唱したものであるという。

クリニックには、「有害金属の蓄積」「体内の糖化」「身体のさび付き状態」といった栄養バランスの崩れをチェックする機器を設置。それらが引き起こす免疫力の低下や、栄養学的な血液検査など50項目以上の検査を用意し、不調の根本的な原因を調査する。

その結果をもとに、人それぞれ異なる体質や栄養素の消化・吸収の状態、ストレス耐性などを総合的に判断。未病対策になるだけでなく、不調を改善できる食事(栄養)やサプリメントと摂取方法をまとめたレポートを作成する。加えて、診察後数週間(2週間コースまたは3週間コース)、1日3回の食事チェックを実施する。

コース期間中は、患者の食事や症状の改善状態を指導する遠隔診療も行う。診療コースは4種類の「未病対策人間ドック」コース(診察・レポート込みで15万円〜税別)と、希望に応じた個別の検査・診察(初診料1万円+レポート作成料1万5,000円+各種検査料)のほか、診察・相談のみ(診察料5,000円)も受け付ける。

また、クリニックの隣には「ホリスティキュア 栄養ケアスタンド」(運営:グリーンハート)もオープンする。同店では、体内の有害金属の蓄積の有無などを調べる「オリゴスキャン」(1万4,040円・税込)、糖化度を測る「AGEs」(4,320円・税込)などのチェックを受けることができる。

チェックの結果に基づき、「未病マイスター」が、1人1人にあった食事のとり方などをアドバイス。亜鉛を含む広島産牡蠣100%のサプリメント「オイスターキュア」(7,020円・税込)など、未病対策グッズ約30種類の販売も行う。

(フォルサ)