写真は吉高由里子オフィシャルTwitterのスクリーンショット

写真拡大

 女優の吉高由里子が3日、自慢のロングヘアをボブ丈にバッサリカットした写真を自身のTwitterに投稿し、「のっちっぽい!」「宇多田ヒカルみたい」など反響を呼んでいる。

 「家族に会ったら 懐かしがってた 覚えてないけど 小学生の頃 このくらいだったらしい それ以来みたいです この長さってすぐ伸びて 維持するの大変なのね」のコメントと共にボブ丈にカットした顔のアップを投稿した吉高。これは来年1月にスタートする吉高の主演ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系・夜10時〜)の役づくりの一環と思われ、同ドラマのオフィシャルサイトにも吉高演じるボブショートヘアのヒロインの写真がアップされている。

 長らくロングヘアが定番だった吉高のイメチェンにファンたちは驚きながらも「似合ってます」「真似っこします」「若返った」と絶賛。中には「Perfumeののっちっぽい!」「宇多田ヒカルみたい」といった声もみられた。

 「東京タラレバ娘」は東村アキコの人気マンガが原作で、吉高演じる30歳独身の売れない脚本家・鎌田倫子をヒロインにした物語。「キレイになっ“たら”もっといい男が現れる!」「好きになれ“れば”ケッコンできる!」が口癖で、親友二人と居酒屋で女子会を繰り返す日々の倫子の切実な幸せ探しを描く。先日、追加キャストが発表され榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎らが参戦。NHKの朝ドラ「花子とアン」(2014)で夫を演じた鈴木亮平も登場し、人気コンビの再共演が注目されている。(月影さら)