写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ノベルは12月5日、シングルサインオンシステム「NetIQ Access Manager 4.3」を12月9日より提供開始すると発表した。

NetIQ Access Manager(Access Manager)は、社内Webアプリケーションおよびクラウドアプリケーションに対応した統合シングルサインオンを提供しており、業界標準のSAMLやWS-Federationといったさまざまなフェデレーション仕様をサポートしている。

今回発表する最新版では、新たに100以上のSaaSアプリケーションに対して、あらかじめ連携設定を定義したコネクタを提供する。顧客は使用しているSaaSアプリケーションのコネクタを選択するだけで、シングルサインオンの設定が完了し、すぐに使用できる。

今回コネクタは、対象SaaSアプリケーションがFORM認証の場合に使用する「ベーシックシングルサインオンコネクタ」と、対象SaaSアプリケーションがSAML認証連携の場合に使用する「SAMLコネクタ」が選択できるようになった。

また、不正ログイン検知に役立つアナリティックダッシュボードや、通常使用しているデバイス以外からのログインを検知し、不正ログインを防止するデバイスフィンガープリントなどの新機能を搭載した。

提供価格はオープン。市場推定価格(税別)は1ユーザー1800円から。販売代理店を経由して販売する。

(山本明日美)