目に効くサプリといえば、ブルーベリーやビルベリー、カシス、ルテインなどが有名ですね。目に効くといっても、どんな症状を改善したいのかで摂取する栄養素が変わることもあります。今回は目に効くサプリの成分について解説するので参考にしてくださいね。

目がお疲れの人や目の健康を考えるなら

ブルーベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、古くから生薬としても使われてきました。
紫外線による酸化から目の水晶体を守り白内障を予防する効果、目で見た映像を脳に信号として送るときに必要なロドプシンという物質の合成を促し、眼精疲労や目のかすみを改善する効果、夜間の視力を向上させる効果などがあります。
ブルーベリーの中でも特にアントシアニンが豊富なのがビルベリーで、ブルーベリーの2倍から5倍ものアントシアニンを含んでいます。
野菜や植物の色素成分であるルテインも抗酸化作用が高く、水晶体を紫外線やブルーライトから守り目の健康を維持してくれるので、アントシアニンとルテインを含むサプリだと相乗効果が期待できます。

PCやスマホをよく使う人は

眼精疲労と同じく、ブルーライトから目を守り水晶体の酸化を防いでくれるルテインは、体内で作ることができない成分。サプリで摂取するのがおすすめです。
PCやスマホで近くの文字を凝視することが多いと、水晶体を伸縮させる筋肉が固まってしまいピントを合わせにくくなってしまいます。カシスに含まれるアントシアニンには目の筋肉をほぐしてくれる働きがあり、眼圧を抑制する働きもあるといわれているんです。
アンチエイジング効果がある赤い色素のアスタキサンチンにも強い抗酸化作用があり、目の筋肉や神経の緊張をやわらげピント調節機能の向上に期待ができます。

サプリ以外からも摂取しよう

アントシアニンやルテインは毎日の食事から摂るのは簡単ではないので、サプリからの摂取がおすすめですが、アスタキサンチンは鮭やいくら、かに、えびなどから摂取できます。
かぼちゃやニンジン、にらに含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換され、目の細胞や網膜の新陳代謝を促し目の健康を維持してくれる栄養素。魚介類や豆類に含まれるビタミンB群は視神経の伝達をスムーズにし、粘膜を保護してくれる働きがあるんですよ。
サプリだけではなく、バランスの良い食生活で目の健康に気を配りたいですね。


writer:しゃけごはん