忙しすぎて目が回りそう!そんなときの一杯のコーヒーやお茶はとってもありがたいもの。おかげで頭がキリッとしてやる気が復活した、という経験はありませんか。頭がすっきりするのは、コーヒーやお茶に含まれるカフェイン効果によるものです。エナジードリンクを飲めばもっと元気になるという方もいらっしゃるでしょう。体に良いとも悪いとも言われるカフェインについてご紹介しましょう。

目を覚まさせるカフェイン効果

カフェインはコーヒー豆やお茶の葉、カカオ豆などの成分として含まれています。コーヒー豆やお茶の葉から抽出したカフェインは、コーラやエナジードリンクなどに添加物として加えられています。カフェインの効能として最も知られているのは、眠気や疲れを取り払う覚醒作用です。
なぜカフェインを摂ると目が覚めるのでしょうか。カフェインが体内に入ると、あるタンパク質と結合します。実はこのタンパク質、通常ならばアデノシンと呼ばれる物質と結びつき、神経を鎮めて落ち着かせ、心拍数を下げる働きをします。
ところがカフェインが体内に入ると、アデノシンに変わってこのタンパク質と結合してしまい、カフェイン効果を発揮、神経を刺激し興奮させ覚醒させてしまうのです。

カフェインのメリット・デメリット

カフェインは摂る量によって、メリットともデメリットともなります。メリットといえばもちろん覚醒効果、眠気が取れて頭をすっきりさせるので、作業率を上げることができます。また血流を良くするので、疲労から回復させる効果もあります。
他にも利尿作用や頭痛の緩和が期待でき、最近ではがんや糖尿病、脳卒中など、様々な病気のリスクを下げる効果があることも認められています。
一方デメリットといえば、カフェインには軽い中毒性があることです。神経を刺激してやる気と共に奮い立たせてくれるカフェインは、摂り続けていると体が慣れてしまい、効果が薄れていきます。すると刺激を求めて体がカフェインを欲するようになり、摂取量が増えていくのです。
カフェイン依存症におちいってしまうと、カフェインをやめた時に頭痛や疲労、眠気が起こるようになり、集中力が落ちて極度の不安に襲われたり、うつの原因となることもあります。

エナジードリンクや錠剤の利用に注意!

体に良いまたは悪い、と賛否両論あるカフェインは、その摂取量が気になるところです。カフェインの許容量は年齢や体格によって異なり、また個人差も大きいです。
日本ではまだ1日あたりのカフェイン摂取量の上限は決められていません。しかし実際はコーヒーやお茶などをカフェイン中毒になるほどの量を飲むのは難しく、普通に飲んでいれば問題ないとのことです。例に挙げると、コーヒーには100mlあたり60mg、紅茶には100mlあたり30mg、煎茶には100mlあたり20mgほどカフェインが含まれています。
ただし注意しなくてはならないのは、カフェインが多く含まれているエナジードリンクや、カフェインの錠剤、風邪薬を飲む時です。これらを大量に摂ると中毒になる恐れがあるので、気をつけてほどほどに利用するようにしましょう。


writer:Akina