写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東陽テクニカは12月5日、仮想化インフラ管理およびアプリケーションパフォーマンスの監視・障害解析ソリューション専業メーカーである米Uilaと出資について合意したと発表した。これにより、Uilaと強固な戦略的パートナーシップを確立し、仮想化データセンター市場の開拓を加速、情報通信事業の強化を推進していく。

東陽テクニカは、2015年に仮想化データセンター市場に対応すべくUilaと総代理店契約を締結し、事業規模と業容の拡大を図っている。ITの仮想化は普及が進んでおり、国内バーチャルマシン/クラウドシステムソフトウェア市場の2015〜2020年の年間平均成長率は6.0%、2020年の市場規模は741億円になると予測され、仮想化データセンター市場は、今後ますます拡大していくものと考えられている。

今回の出資の狙いは東陽テクニカが仮想化データセンター市場に本格参入するにあたり、仮想化環境管理およびアプリケーションパフォーマンスの監視・障害解析ソリューションを持つUilaとのパートナーシップを強化することで、同市場の開拓を加速し、さらなる事業規模と業容の拡大を図る。仮想化ソフトのデファクトスタンダードの1つであるVMwareにも対応し、競争力を持つ「Uila ソリューション」を中心に販売戦略を強化し、販売増を目指す。

また、シリコンバレーに拠点を置くUilaの開発部門との連携を進め、現在は物理ネットワーク環境のみに対応している自社製品・大容量パケットキャプチャ/解析システム「Synesis」に、仮想化環境でのキャプチャ機能やアプリケーションアナリシス機能を付加することで、商品力を上げ、市場競争力を向上させる。

さらに、SynesisとUila製品とを組み合わせることで、仮想化環境と物理ネットワーク、コンピューティングならびにストレージ環境両方の完全な監視ソリューションを提供、両製品のシナジーによって販売増を図る考えだ。

出資内容は、東陽テクニカがUilaの新株発行分を総額500万ドルで引き受け、販売・開発における戦略的パートナーシップを強固にする。なお、Uilaは2013年にシリコンバレーに設立し、仮想化データセンター市場向け仮想化インフラ管理およびアプリケーションパフォーマンス監視・障害解析ソリューションを提供している。