2016年11月24日、東京で初雪が降った。11月に初雪は54年ぶり、さらに1875年に統計を取り始めてから11月に東京で積雪があったのは初めての記録。寒気が大きく南下してきて、太平洋上の低気圧が影響し都心に降雪という天気になった。

1

気温が7℃になったら冬タイヤに替えようとアピールしても、気温が日毎に徐々に下がってくるなら対応もできる。しかし今回のように2日前の22日は富士スピードウエイでも半袖ポロシャツで居られるくらい気温が高い日だった。だからほとんどのドライバーは冬タイヤに交換していなかった。

実は24日の朝からチラチラ雪が舞っていて、お天気キャスターも降雪どころか積雪すると予報していたので、東京都内のクルマは予想外に空いていた。昨シーズンの経験から夏タイヤでは立ち往生してしまうと心配してクルマでは出掛けなかったからだろう。

こうした心つもりは良いのだが、どうしてもクルマで出かけなくてはならない場合には困ってしまう。

そんなときはきっと、オールシーズンタイヤを履いていれば良かったと思うはずだ。北米のオールシーズンタイヤはM+Sと書いてあるが、冬道性能はあまり高くない。それより冬タイヤに近いセッティングになっているのが欧州風のオールシーズンタイヤである。その最新版がグッドイヤーVector 4Seasons Hybrid(以下ベクター)である。

ドライ路面とウェット路面はほぼ夏タイヤ並みにしっかりグリップして走れるが、スノー性能も確保し雪道、シャーベット状の路面も走れる。アイスバーンでの性能はスタッドレスタイヤに分があるが、走る路面、止まるところの路面を見てアイスバーンを外せば問題ない。アイスバーンでもABSとESCが装備されているクルマなら、大きく滑ってしまうのは防いでくれる。

タイヤのトレッドパターンを見ると、センター付近は細かいサイプが多く、アイスとスノーの冬道仕様になっていて、両サイドはドライとウェット路面に対応できるようにしっかりとしたブロックになっている。V字型になっているのも、夏タイヤとしてのコーナリング性能を上げ、溝を多くして冬タイヤの性能も上げるためのデザインなのだ。細かいサイプの部分は3Dワッフルブレードと呼ぶ溝が凹凸により支え合うことによってブロック剛性を確保しているから、夏の性能も上げられるのだ。ブロックの変形が少ないということは偏磨耗も少ないということで、オールシーズンタイヤの弱点を補っている。

こんな工夫が組み込まれたベクターの乗り味はどんなものなのか。BMW320iに履いて走行してみたので、そのインプレッションをお伝えしよう。

タイヤサイズは205/60R16 92H M+Sである。

走り始めて最初に感じたのは、路面の凹凸に対する当たりはソフトだが、芯はしっかりしているなということだった。そもそもランフラットタイヤを履いているBMWだが、ランフラットでないタイヤというだけで乗り心地にはアドバンテージがある。

トレッドパターンは完全な夏タイヤと比べると溝やサイプも多いからブロック剛性は弱めだが、回転方向指定のデザインによってドライ路面でのグリップを確保している。この辺がしっかりしていると感じた部分だ。ブレーキングに対してもまったく普通に効き始めるし、ブレーキペダルの圧力に応じて制動力も素早く変化してくれる。コーナリングもトレッド面でのグリップ力とサイドウォールの強さにより、ヨレヨレした感じがまったくなく夏タイヤに劣らない。スタッドレスタイヤより格段にしっかりした感じで曲がっていくから安心だ。

ハンドルの手応えと応答性に関しても不満はない。直進時のセンター付近のフィーリングは遊びがあまりなく、切り込んでいくとスムースにノーズは向きを変えていく。直進状態から切り始めたときの手応えは、オリジナルの夏タイヤよりはマイルドな印象だが、ベクター4シーズンズハイブリッドの感触も良かった。コーナリング中にさらにハンドルを切り込んだとしても、ヨーの動きはちゃんとついてくる。

夏タイヤとしての性能は、スポーツタイヤのようなハイグリップを求めなければ、必要にして充分なレベルにある。逆にマイルドな感覚は乗りやすいと思える面もあり、多くのドライバーに好まれるだろう。

ベクターの雪道の性能は、最新のスタッドレスタイヤより若干劣る面はある。それはグリップの限界の高さである。雪を掴む力というか、踏ん張り感という点で。しかしコーナリングでグリップ限界を超えるような場面では、クルマの挙動変化が穏やかでコントロールしやすいので肩の力を抜いて走ることができ、結果として雪道も走りやすかった。

アイスバーンのグリップはスタッドレスタイヤには敵わないが、ブレーキングではABSがあるし、コーナリングもESCがあれば大きく乱れることなく走ることができるだろう。スタッドレスタイヤを履いているときより、路面をよく見て走るライン取りを考えたり、駆動輪が止まる位置はアイスバーンを外したりすると、大きなリクスを負わずに冬道を走ることができるだろう。

夏タイヤを履いていて、いつスタッドレスタイヤに交換するか迷っていたり、春になって早めに夏タイヤに交換してしまったら、遅い雪が降るなど、この11月のように突然の降雪でも慌てないで済むのはベクターである。

山岳路では山の天気で、思わぬときに雪が降ることがある。こんなときに夏タイヤだとチェーンが必要になるが、寒い中で手がかじかんでなかなかうまくできないのが普通だ。ここでもベクターなら問題ない。

秋と春にタイヤ交換する手間はなく、シーズンが逆のタイヤを保管する手間もない。

というようにオールシーズンタイヤというのは、実は日本のようなスタッドレスタイヤ全盛の市場でも、雪国以外の地域はこのオールシーズンタイヤ、ベクターは適している。

 

オールシーズンタイヤで日本の高速道路のチェーン規制(第一次)でもタイヤチェーンを装着しなくても走ることができるか不安に思うかもしれない。実際にM+Sでも走れないタイヤもあるから。そんな場面でもベクターは「M+S」(マッド&スノー)に加えて欧州でスノータイヤとして認定されている雪山のマーク「スノーフレークマーク」と、日本での冬用タイヤとしての証である「SNOWマーク」が付いているから心配は要らない。

(文:菰田 潔/写真:前田 惠介)

突然の雪へ備えだけじゃない、オールシーズンタイヤのオンロードでの性能(http://clicccar.com/2016/12/05/418756/)