ジャレッド・ハリス Photo by:Frazer Harrison/Getty Images

写真拡大

 デビッド・イェーツ監督が「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編に若き日のダンブルドアを登場させると発言して以来、キャスティングの動向に注目が集まっている。

 ファンの間で最も人気が高いのは、ベテラン俳優のジャレッド・ハリス。「マッドメン」や「ザ・クラウン」などで知られる英国の演技派俳優で、「ハリー・ポッター」シリーズの初期2作品(「賢者の石」と「秘密の部屋」)でダンブルドア校長役を演じた、リチャード・ハリスの実子だ。

 この噂について、英イブニング・スタンダード紙の取材を受けたジャレッドは「その可能性に関して連中(スタジオ)は検討しているようだ」と明言。だが、「何も聞いていないし、何らかの連絡があるとも思えない」と出演に関して悲観的な見解を示している。

 その理由は以前、他の映画企画でファンが立ち上げたキャンペーンがうまくいかなかったのを見ているためで、「(スタジオは)外堀を埋められるのを嫌がるものだ」「こういうキャンペーンは、たいていまったく違った方向に行ってしまうものなんだ」と持論を展開している。同作の製作陣がどのような決断を下すのか、目を離すことができない。