Apple、米運輸局に自動運転規制への見解を表明。「機械学習と自動化に投資」、「効率的な技術開発に助力したい」

写真拡大

米アップルが、米国道路交通安全局(NHTSA)に充てた書簡の中で「マシンラーニングと自動化の研究に大きな投資をしている」「輸送など多くの分野にまたがる自動運転システムの可能性に大きな関心を寄せている」と自動運転技術へ深く関わっていく姿勢を示しています。

アップルが自動運転EVを開発していたのはもはや秘密でも何でもない状態ですが、最近になって自動運転車全体の開発から手を引き、自動運転の中枢となるシステム部分の開発にフォーカスしたと伝えられています。しかも自動運転部門のリーダーには新製品を形にして送り出してきた実績のあるボブ・マンスフィールドを据えたこともすで伝えられています。

NHTSAは米国内の自動運転車の政策や規制に関する公開コメントを募集しており、今回のアップルの書簡はそれに応じたもの。文面には「マシンラーニングと自動化の研究に大きな投資をしている」とし、自動運転車を実用化するための「最も効率的なやり方を手助けしたい」と記されています。さらに「自動運転車の開発への制約を厳しくしすぎるべきではなく、新規参入企業も平等に扱うべき」と意見しました。

今回の書簡は、これまででアップルが最も自動運転技術に積極的に関わる姿勢を示した内容と言えそうです。ただ、やはり自らが自動運転車や技術を開発しているとまでは明言していません。いつの時点で、アップルの自動運転技術が日の目を見るのか、またはお蔵入りになるのかは、現時点ではまだわかりません。