BLACK PINK、デビューを実感する瞬間について告白「逆に私たちの方が驚く」

写真拡大

ガールズグループBLACK PINKがデビューしたことを実感できる瞬間に対して言及した。

BLACK PINKは4日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて「BLACK PINKのヌッパン(寝てする放送) ライブ」を行った。

この日、JENNIEは2ndアルバムに対して「デビューする時よりさらに緊張した。頑張って準備した。秋夕(チュソク、韓国のお盆) の時にもミュージックビデオを撮影し、頑張って火遊びをした」と伝えた。

JISOOは「タイトルが『火遊び』なので、ミュージックビデオの撮影時にも火が多かった。とても暑かった」と告白し、ROSEは「ミュージックビデオの撮影時にキャンプファイヤーのように火をつけたが、スタッフの方々がサツマイモを焼いて食べた」と話した。

続いてJISOOは「デビューしてもう2度目のアルバムだが、まだデビューしたばかりの感じで、実感できない」と話した。

JENNIEは「デビューして家族の方が喜んでいる。うちの母は熱血ファンのように朝起きたら、ミュージックビデオを一回ずつ全部鑑賞する。最近は、ミュージックビデオが多くなってきたらどうしようと心配していた」と伝えた。

ROSEはデビューした実感があるかという質問に「車に乗って窓を開けた時、私たちの歌が流れていてとてもびっくりした。そのような経験が初めてだったので、気持ちがおかしく、私の声が聞こえて少し恥ずかしかったがとても面白かった」と答えた。

JENNIEは「外出する時、一度でも私たちを知ってくださっていると私たちがびっくりする。私たちのことをどうやって知ったんだろうって」と語った。