ソ・ハジュン、17日にファンミーティングを開催“高まる期待”

写真拡大

先月、長い旅の幕を閉じたMBC週末ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」(脚本:チェ・ワンギュ、演出:イ・ビョンフン、チェ・ジョンギュ) でオクニョ(チン・セヨン) と共演し、明宗(ミョンジョン) 役として熱演した俳優ソ・ハジュンが12月17日午後4時、COEX ARTIUM SMTOWN THEATERでファンミーティングを開催する。

ソ・ハジュンは演劇舞台で培った安定した演技力を踏まえ、2013年MBC毎日ドラマ(月〜金曜日に放送されるドラマ)「オーロラ姫」のソル・ソルヒ役で地上波デビューを果たした。これまで多彩な作品で抜群のビジュアルと演技力を届け“中高年層のアイドル”として幅広い人気を博している。

特に「オクニョ 運命の女(ひと)」はソ・ハジュンが初挑戦した時代劇であり、彼だけの色を吹き込んだ明宗の演技で好評を受けた。中盤からオクニョ、ユン・テウォン(コ・ス) を巡って微妙な感情の流れを表現する熱演を届けたソ・ハジュンは勧善懲悪のエンディングで最後まで存在感を誇った。

17日に開催されるファンミーティングは、ソ・ハジュンがデビューしてから公式に開催する2度目のファンミーティングだ。2014年のファンミーティングがファンと初めて出会う場であったとしたら、今回のファンミーティングはこれまでのファンの声援に応える場であり、その意味がより一層深いという。