キム・ジュヒョク、岩井俊二監督の新作に出演確定…ペ・ドゥナと夫婦役で共演

写真拡大

キム・ジュヒョクとペ・ドゥナが、日本映画界の巨匠である岩井俊二監督の新作で夫婦として呼吸を合わせる。

キム・ジュヒョクの所属事務所であるNAMOO ACTORSは5日の午前、マイデイリーとの電話取材で「キム・ジュヒョクが岩井俊二監督の短編映画でペ・ドゥナと夫婦として出演する」と伝えた。

続いて関係者は「2人は3日からソウル一帯で、岩井俊二監督と共に撮影に集中している」と付け加えた。

これに先立ってペ・ドゥナはファッション誌「HIGH CUT」とのグラビア撮影及びインタビューで「12月の第1週目から岩井俊二監督と韓国の短編映画の撮影に入る。家族ドラマジャンルだが劇中、嫁役を演じる」と話したことがある。

岩井俊二監督は日本映画界を代表する巨匠だ。「Love Letter」「リリイ・シュシュのすべて」「花とアリス」「虹の女神 Rainbow Song」などの作品を手掛け、韓国でも熱いファンを確保している。