脳梗塞で負った障害を配慮されず低評価を受けた職員 人事院と和解

ざっくり言うと

  • 脳梗塞で負った障害を配慮されずに低評価を受け、賠償を求めた職員の訴訟
  • 勤務先の人事院側が「配慮に努める」などとして、和解が成立した
  • 職員は「国家公務員の障害に対して前向きに整理する機会になった」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング