1932年に公開された映画「ミイラ再生(The Mummy)」をリブートした映画「The Mummy」の予告編が公開されました。「ミイラの幽霊(1959年)」「ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999年)」に続いて三度目のリブート作品の「The Mummy」には、トム・クルーズやラッセル・クロウ、ソフィア・ブテラが出演しています。

The Mummy - Official Trailer (HD) - YouTube

大空を舞う1機の飛行機。



機内には屈強な軍人らしき人が搭乗しています。



メガネをかけた女性が見つめる先には……



トム・クルーズが演じるニック・モートンがいます。



ヘリコプターで引き上げられる巨大なひつぎ。



このひつぎには誰が入っているのでしょうか。



引き上げられたひつぎは、モートンらが搭乗している飛行機に載せられています。



ガタガタと揺れる機内。男性は不安そうに機内を見渡します。



危険を察知した表情を見せるモートン。



混乱に陥る機長室。



機長室にやってきたモートンが目にしたモノは……



迫り来る黒い大群。



黒い大群の正体はコウモリで、飛行機の窓を突き破って侵入してきました。



飛行機は制御不能となり、機内は天地が逆転してしまいます。



大量のコウモリが突撃したせいでエンジンが爆発。



ものすごい衝撃とパニックの中で、女性にパラシュートを装着させるモートン。



次の瞬間、ドアが吹き飛んでいきました。





真っ逆さまに墜落していく飛行機。



モートンはよろけながらも女性を救出し……



今にも飛ばされそうになるのを必死に耐えています。



女性が「ダメ……」とつぶやいた次の瞬間……



モートンが女性に装着させたパラシュートのひもを引っ張りました。



パラシュートが開いて外へ放り出される女性。



女性は何とか脱出しましたが、飛行機は助かりそうにありません。



「ノー!!」と絶叫するモートン。



無情にも飛行機は墜落してしまいました。



続いて映し出されたのは遺体が並べられた安置所のような場所。



並べられていた遺体の1つが突如起き上がります。



モートンは死んでいなかった模様。一体彼に何が起こったのでしょうか。



「ようこそ」



「新しい神と怪物の世界へ」



眼球が2つに分裂したのは、ソフィア・ブテラが演じるアフマネット女王。



「僕は見たんだ」



「彼女は本物だ」



The Mummyでもトム・クルーズの派手なアクションは健在。





「アフマネット女王に会ってください」と話すのはラッセル・クロウが演じるヘンリー・ジキル博士です。



アフマネット女王が目を閉じ手を広げると、建物が粉々に砕けていきます。



崩壊していくビッグベン。



「彼女は自分が否定されたモノを取り戻すだろう」



映画「The Mummy」はアメリカで2017年6月9日に公開予定。日本での公開日は、記事作成時点で未定です。