1

芳香なバターの香りが食欲をそそるという、伝説のすた丼屋初のガーリックバター醤油味の「ガリバタ牛カルビ丼」 と、カリカリ梅と肉茶漬けを合わせた冬のシメ飯「ほっとすた茶漬け」を2016年12月1日(木)から伝説のすた丼屋が提供開始しています。すた丼屋の新メニュー2品はどんな感じに仕上がっているのか、実際に食べてきました。

【期間限定】12/1(木)発売★すた丼屋初の味★「ガリバタ牛カルビ丼」 | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】



【期間限定】12/1(木)発売☆冬のシメ飯☆「ほっとすた茶漬け」 | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】



伝説のすた丼屋に到着。



券売機でガリバタ牛カルビ丼とほっとすた茶漬けの食券を購入。



食券を渡し、しばらくするとガリバタ牛カルビ丼が到着しました。みそ汁付きです。



全長123.8mmのiPhone SEと比較すると高さはこのくらい。かなりボリュームがあります。



どんぶりの直径はこのくらい。



お肉の上にはネギとガーリックチップが振りかけられていて……



肉と一緒にもやし・たまねぎ・ニンニクの芽などが炒められていました。



オリジナルのすた丼には豚バラの薄切り肉が使用されていますが、ガリバタ牛カルビ丼はやや部厚めの牛カルビ肉が使われていました。脂身が少ないような?と思っていましたが……脂身が少ないような?と思っていましたが……



部位によって偏りがある様子。



食べてみると、ガツンとにんにくの香りがあるものの、バターが味全体をまろやかにまとめています。「芳香なバターな香りが食欲をそそる」とあるとおり、にんにくもバターも食欲をそそるものの、にんにくが強すぎないので食べやすくなっています。すた丼は少し甘いたれが使われていますが、ガリバタ牛カルビ丼は甘さの要素はありません。



続いて、ほっとすた茶漬けが到着。どんぶりの他に、出汁・みそ汁・ネギ・刻みのり・カリカリ梅・わさび・あられが入った小皿がついています。



全体的な量はガリバタ牛カルビ丼よりも小さめで、「メイン」ではく、あくまで「〆の一杯」という位置づけであることがわかります。





どんぶりの中には豚肉・ネギが醤油などで甘辛く炒められたものや、たくあんが入っています。しっかりした味付けなので、このままでもガンガン食べられますが……



ここに、薬味&出汁をかけていただきます。



脂身の多い豚肉が使われているので、どんぶり自体はこってりした仕上がりなのですが、薬味や出汁をプラスすることでさっぱり食べられるように。カリカリ梅がとてもいい仕事をしていて、口の中をすっきりさせてくれるので、確かに〆の1杯によさそうです。



ガリバタ牛カルビ丼は税込980円、ほっとすた茶漬けは税込630円となっています。なお、一部のお店では提供されていないとのことなので注意してください。

ガリバタ牛カルビ丼を提供していないお店は以下の11店舗。

中野新橋店、み〜さんの店、国分寺店、ドン・キホーテ浅草店、福生牛浜店、アリオ橋本店、談合坂SA(下り線)店、ヨドバシ梅田店、ゆめタウン廿日市店、ゆめタウン久留米店、ゆめタウン光の森店


ほっとすた茶漬けを提供していないお店は以下の6店舗です。

中野新橋店、み〜さんの店、福生牛浜店、談合坂SA(下り線)店、ゆめタウン廿日市店、ゆめタウン久留米店