傷心のアイアンマンへの“処方”は… (C)2016MARVEL

写真拡大

 マーベル・スタジオの単独ヒーロー第1弾としてNo.1ヒットを記録中の新作「ドクター・ストレンジ」で、ベネディクト・カンバーバッチが演じた主人公の天才外科医が、負傷したアベンジャーズのメンバーを次々と毒舌で診断していく特別映像がお披露目された。

 傲慢だがスゴ腕の外科医であるストレンジが、アベンジャーズを二分する戦いを描いた「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の戦闘場面を見ながら、負傷者に診断を下していく。ブラックパンサーの鋭利な爪を金属の腕で受け止めたウィンターソルジャーには「ただのかすり傷だ。ただ、狂犬病の検査を勧める」と皮肉り、ウィンターソルジャーとの友情を優先しようとするキャプテン・アメリカに傷心のアイアンマンに対しては、「治療法はないが、“気晴らし”を勧める」と“処方”。そして、自分が活躍する新作映画を紹介するというユニークな内容だ。

 カンバーバッチは、役づくりのために医学書を読破しただけでなく、有名な神経外科医ウィリアム・ハークネス博士から仕事のイロハを学んだといい、「博士は、脳について、手術について、手術前の手洗いの仕方まであらゆることを教えてくれたんだ」と語っている。劇中では、手術シーンを説得力たっぷりに演じた。

 自動車事故で両手を損傷し外科医としての将来を絶たれたストレンジは、治療法を求め最後にたどり着いたカトマンズの寺院で魔術に出会い、修行を積むうちに地球の存亡をかけた戦いに巻き込まれていく。ストレンジは、シリーズ第3弾「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題)」では重要な役割を担い、アベンジャーズ第4弾の出演も明らかになっている。2017年1月27日公開。