3日、中国の内モンゴル自治区赤峰市で炭鉱事故が発生し、32人が死亡した。責任者はすでに拘束されている。

写真拡大

2016年12月4日、新華社によると、中国の内モンゴル自治区赤峰市で炭鉱事故が発生し、32人が死亡した。責任者はすでに拘束されている。

3日、内モンゴル自治区赤峰市の宝馬鉱業有限責任公司の炭鉱でガス爆発事故が起きた。事故当時に坑内には181人が作業中で、149人が脱出に成功したが、残る32人が死亡した。多くの負傷者が出たが、いずれも生命の危険はないという。

事故原因については現在究明中だが、すでに炭鉱責任者は拘束されている。現地政府は慰問グループを結成し、遺族や負傷者家族と1対1の対話を続けている。(翻訳・編集/増田聡太郎)