舞台あいさつを行うキャストとスティーヴィー・ワンダーら (C)Universal Studios.

写真拡大

世界中で大ヒットを記録した『ミニオンズ』のスタッフが贈るミュージック・エンターテインメント・アニメーション映画『SING/シング』(2017年3月17日日本公開)。本作のワールドプレミアが現地時間3日にロサンゼルスで開催され、豪華キャストに加えてスティーヴィー・ワンダーやきゃりーぱみゅぱみゅも登場した。

会場となったマイクロソフトシアターのレッドカーペットに、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、トリー・ケリー、タロン・エガートン、セス・マクファーレン、ジェニファー・ハドソン、ガース・ジェニングス監督、クリス・メレダンドリ(プロデューサー)ら、錚々たる俳優陣や製作者たちが続々姿を見せると、ファンは大興奮。そして、映画のエンディング・ソングである「Faith」をアリアナ・グランデと共に歌っているスティーヴィー・ワンダーがレッドカーペットに登場すると会場の盛り上がりは最高潮に。

また、きゃりーぱみゅぱみゅが、楽曲3曲が本編に収録されたことから、日本から唯一の招待ゲストとして登場。インタビューに応じていたきゃりーと、トリー・ケリーやリース・ウィザースプーン、タロン・エガートン、クリス・メレダンドリ、ガース・ジェニングス監督、そしてスティーヴィー・ワンダーと夢の2ショットが実現した。リース・ウィザースプーンは「お会いできて光栄よ!あなたが来てくれて嬉しいわ!」と一緒に写真撮影。さらにスティーヴィーが「元気ですか?」と声をかけ、きゃりーが日本からやって来たことを知ると、「僕の事知ってる?コンニチハ!」と彼らしいチャーミングな挨拶で歓迎した。

その後、試写会場で映画の上映が行われた後、キャスト・スタッフが舞台挨拶に登壇し、セス・マクファーレン、ジェニファー・ハドソン、トリ―・ケリー、そしてサプライズで檀上にあげられたスティーヴィー・ワンダーが圧巻のライブパフォーマンスを披露。集まったファンたちにとって、素敵なクリスマスプレゼントとなった。

■『SING/シング』
2017年3月17日(金) 全国ロードショー!
(C)Universal Studios.