普通に携帯電話会社でスマホを購入すると、毎月数千円から1万円以上の月額料金がかかるのが一般的です。

でも連絡や暇つぶしに使うだけのスマホに、毎月そんなに多額のお金を支払うって、もったいと思いませんか?だってもしこれが毎月1万円のローンだったら、かなり良いものが買えてますよね。

そんな時に気になるのが、DMMmobileを始めとする格安スマホ。月額1,200円からととにかく安いのですが、いろいろな人に聞いてみると、安すぎて怪しい、不安という声もあるようです。

そこで実際に我が家が乗り換え、さらに子供や両親の分まで加入して月額が大幅に減った実例をまとめてみました。

 

DMM mobileがとにかく安い


ところでまず先に、知らない人のためにDMM mobileについて簡単に説明しておきましょう。

DMM mobileは、DMMが運営する格安スマホサービス。スマホ本体は、ドコモ用かSIMフリースマホが使えます。


そして驚くのがこの月額料金。電話番号のついた通話プランで、3GBプランなら月額1,500円。大手携帯電話会社と比べると、異常なほどの安さです。


また1契約につき最大3つの電話番号を持てるシェアプランも用意されていて、10GBシェアプランなら3人分の携帯電話が、まとめて月額4,290円。

つまり、2契約で6人が持っても、月にたった8,580円しかからないんです。しかも6人で計20GBが使えてですよ?これ、めちゃめちゃ安いですよね!

DMM mobile

実例:夫婦の月額約14,000円→たった3,000円に

では実際に、私たち夫婦が乗り換えた実例を御覧いただきましょう。


5GBだと容量が余っていたので3GBに変更して乗り換えたところ、大手携帯電話会社で月々約14,000円かかっていた月額が、DMMの3GBコースだと二人合わせてたった3,000円。月額1万円以上も安くなってしまいました。

年額にすると、約16万8,000円が、3万6,000円に!浮いた13万2,000円で、毎年最新のSIMフリーiPhoneを定価で買ってもお釣りが来ちゃうんですよ。

妻の両親、夫婦、子供1人の計5人分でも、月額たった7,880円


その後子供がスマホを欲しがり始めたのと、妻の両親にもスマホを持ってもらいたかったので、夫婦の契約に両親子供の回線を追加してみると…それでも月額はトータル7,880円に収まりました。

もしこれが大手なら、月額7,880円では1台分がせいぜい。そんな金額で5人もスマホが持てるなんて、ちょっと凄いですよね。

どんな家族構成でもこんなに安い

また他の家族構成での料金の一例もまとめてみました。


とりあえず1人分しか契約しないよ!という場合でも、ある程度ネットが楽しめる3GBプランなら、月額たった1,500円に。


また1人ながらめちゃめちゃネットやガジェットを使う人なら、10GBプランで通話SIM1枚+データSIM2枚なんて組み合わせも。

電話番号のあるメインスマホに、異なるOSのサブスマホ、さらにモバイルルーターを持っても、たった月額2,890円です。


また夫婦に子供4人全員がスマホを持っても、トータル20GBも使えて月額はたった8,580円で済んでしまいます。いやはや、安くなったものですね…!

大手携帯電話会社とDMM mobileの違い


では安いから質が悪いかというと、そんな事はありません。

実際に使ってて感じた違いは、ざっとこんな感じです。

■大手携帯電話会社とDMM mobileの違い
・キャリアメールがない(GMailなどの無料メールが使えます)
・通話し放題プランがない(30秒ごとに20円、アプリを使うと30秒10円)
・成人認証ができない(LINEでIDを公開する場合などに不便?)
・混雑する時間帯はキャリアよりやや遅く感じるかも
・家族間通話が無料にならない(無料通話アプリを使えば問題なし)
・端末割引がない(でもそれ以上に月額が安い)

逆にDMM mobileならではのメリットも色々とあります。

■DMM mobileのいいところ
・電話番号ごとに高速通信のON/OFFができる(使いすぎ防止)
・高速通信を使い切ってもwebサイトの表示は速い
・余った高速通信分は翌月に繰り越せる
・足りなくなったら1GB480円で追加できる(安い!)
・テザリングは標準で追加料金なし
月額の10%がDMMポイントで還元される(ムフフ…!)
・契約から1年以内しか解約金が発生しない(更新月から解放される!)
・スマート留守電サービスが有料ながら凄い(文字で届く)
・もちろんMNPで今までの電話番号のまま移れる(1契約あたり1回線)
・同時購入できる本体も3万円前後からと安く、分割払いにも対応
・頻繁に最安値クラスに価格改定しているので、いつの間にか安くなってる

ざっくりまとめると、DMM mobileは端末割引やかけ放題などのサービスはほぼ無しにすることで、高いコストメリットを達成しているようです。

これらの違いに不便を感じないのであれば、十分に乗り換える価値があるでしょう。

ドコモ・SIMフリースマホはそのまま使用OK、本体は約3万円から…分割払いにも対応

ちなみに私はよく人に格安スマホを勧めているのですが、そんな時によく言われるのが「なんか難しくてめんどくさそう…」。ええ、そう思う気持ち、わかります。

でも実際はそんな事はありません。例えばMNPで今の電話番号のままDMM mobileに変える場合は、こんな手順で終わります。

・今の携帯電話会社に連絡してMNP予約番号を聞く
↓DMM mobileのオンラインサイトで契約者情報を登録
↓身分証明書(免許証)などをスマホのカメラで撮影して送信
↓本体とSIMカードが届く(スマホをそのまま使うならSIMカードだけ)
↓本体にSIMカードを刺し、接続先情報を設定
↓切り替え手続き後、1〜2時間で乗り換え完了

なんだか文字で書くとたくさん工程があるように見えますが、実際にやってみると本当に簡単なんですよ。


ちなみに乗り換えと同時にスマホを新しくするなら、27,800円(分割時1,478円×24か月)とリーズナブルながら、5.5インチフルHD液晶に指紋認証が付いている上に、オクタコアCPU、4GBメモリと性能も高い、Zenfone3Lazerがおすすめ。

またiPhone派の人なら、AppleストアでSIMフリーのiPhoneを買うのがおすすめ。分割も割引もないので最初の出費は大きいですが、大手携帯電話会社で買うよりもトータルで安くなります。

またSIMフリー版iPhoneは中古相場も高いので、買い替えがより有利になるメリットもありますよ。

DMMポイント還元で、DMMのあのサービスがこっそり利用できるメリットも…


そして嬉しいのが、利用料金の10%がDMMポイントで還元されるサービス。DMMは電子書籍や動画を販売していますが、これらの購入にポイントを使うことができるんです。

ちなみに私の場合は毎月およそ400ポイントが還元されるので、少しずつ電子コミックを揃えるのが毎月の楽しみになっています。

またDMMといえばムフフなコンテンツもたくさんありますが、もちろんこれにもポイントが利用できるんですよ。つまりこのDMMポイントを活用すれば…おっと、これ以上はもう言わずともおわかりですね。

家族や親戚みんなで、安くスマホを持とう!


ちなみにDMM mobileで初めてスマホデビューした義母はゲームに、クラシック好きな義父はGooglePlayMusicの無限とも言える楽曲の品揃えにハマったようです。

またGoogleハングアウトでグループチャットやビデオ通話ができるようになり、家族、妻の両親、そして以前乗り換えた母との間でコミュニケーションが増えたのは思わぬメリットでした。

スマホは今や生活に欠かせないだけに、できるだけ安く持ちたいもの。

スマホの月額料金を賢く抑えて、浮いたお金を好きなことに使って、より豊かなライフスタイルを楽しみたいものですね。

DMM mobile

※ 特に明記していない価格表記は全て税別価格にて記載しています。

【スマホにお金かけすぎじゃない?家族6人分のスマホを月額1万円以下で持てる、格安スマホの節約術】を全て見る