5日、中国北京市でこのほど、閉店後のイケア店舗で、警備員に見つからないように一夜を過ごす様子をネット上で生配信していた男女が、警備員に発見され警察に通報された。

写真拡大

2016年12月5日、北京青年報によると、中国北京市で3日夜、閉店後のイケア(IKEA)店舗で、警備員に見つからないように一夜を過ごす様子をネット上で生配信していた男女が、警備員に発見され警察に通報された。

【その他の写真】

男は前日の2日、ネット上で「3日午後8時からイケア店内で一夜を過ごす様子を生配信する。警備員に必ず勝利する」などと予告。視聴していた人によると、この男女は店内のクローゼットの中に隠れる様子などを配信していたという。閉店時間を20分ほど過ぎた同22時20分ごろに警備員に発見された。

男は動機について「イケアに営業時間外に忍び込む海外の2人組の動画に触発され、幼少時の隠れんぼ体験を懐かしく思いやってしまった。悪意はなかった。イケアに迷惑をかけたことを謝罪したい」と北京青年報の記者に語ったという。(翻訳・編集/柳川)