『鉄道飛虎(原題)』

写真拡大

池内博之がジャッキー・チェン主演の中国映画『鉄道飛虎(原題)』に出演していることがわかった。

【もっと画像を見る(3枚)】

『鉄道飛虎』は第二次世界大戦下の中国を舞台にした作品。現地の労働者や一般市民が「鉄道遊撃隊」を組み、日本軍を襲撃するというあらすじだ。池内は日本軍の指揮官・山口を演じている。台湾版の予告編では山口が軍刀を抜く様子や、ジャッキー扮する遊撃隊の代表マー・ユアンが、走行する電車の上で戦闘を繰り広げるシーンなどが確認できる。

撮影は中国・遼寧省と山東省でマイナス20度の気温の中で敢行。初日から開始されたアクションシーンの撮影で、池内はジャッキーから「テンポ感を大切にしてほしい」とアドバイスを受けたほか、撮影中に迎えた誕生日にはジャッキーやスタッフから祝福されたという。作中で池内はアクションシーンだけでなく、「おじさんとのキスシーン」にも挑んでいる。

池内は2008年に公開された香港映画『イップ・マン 序章』に出演。2013年には日中合作による『スイートハート・チョコレート』では台湾の女優リン・チーリンと共に主演を務めた。福山雅治とチャン・ハンユーが主演する2018年公開予定のジョン・ウー監督作『追捕 MANHUNT(原題)』にも出演が決定している。なお『鉄道飛虎』の日本公開は未定。