画像

写真拡大 (全2枚)

 マイクロアドは、マーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」をリリース。同サービスでは、同社保有のオーディエンスデータと企業の保有データを単一のIDによって統合的に結び付け分析できる。

 マイクロアドは、様々なデータを集積・分析し、企業の顧客生涯価値最大化を実現する、マーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」の提供を開始した。

 同社は2007年の設立以降、自社で取得したインターネット上のオーディエンスデータや、第三者企業から提供を受けたデータを、統合的に集積・分析することで、広告配信に活用する事業を進めてきた。

 今回のサービスでは、それらデータ集積・分析の知見を活用。企業の保有する顧客CRMデータ、マイクロアドが保有する4億ユニークブラウザのPCおよびスマートフォンの行動データを、単一のIDによって統合的に結び付け分析する機能を提供する。

 また、マイクロアドがハブになり、第三者のデータ保有企業との連携も支援し、様々なデータを統一のIDで、横断的に集約・分析する環境を用意する。

 これらの機能によって、複数のデータソースによる多面的な分析が可能となり、より正確な顧客ペルソナを把握する事ができる。また、これらの分析結果はシームレスに広告配信やCRM施策へ適用ができ、より的確なユーザーコミュニケーションを実現する。

MarkeZine編集部[著]