アップル社は2日夜、「iPhoneが予期せずシャットダウンしてしまう不具合に関する情報」を発表した。

写真拡大

アップル社は2日夜、「iPhoneが予期せずシャットダウンしてしまう不具合に関する情報」を発表した。この不具合の影響を受けているiPhone 6sは2015年9〜10月に製造されたもので、「少数」という。また、「これは問題があるモデルに搭載されているバッテリーの部品が製造時に長く外気にさらされたことが要因で、バッテリーが通常よりも早く劣化してしまい、予期せず電源が落ちてしまう問題が発生する。安全性に関わる問題ではない」としている。中国新聞網が報じた。

アップル社は、「ユーザーがこの問題を解決できるよう、問題があるモデルを対象に無料でバッテリーを交換する。iPhone 6sのユーザーは、不具合に対する修理プログラムのページで、シリアル番号を入力して、無償交換の適用対象であるかを確認できる」と案内し、「弊社製品のトラブルにより、ご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」としている。

アップル社は、「iPhoneは、極度に気温が低い環境下など、一定の条件下では自動でシャットダウンするよう設計されていることを知ってもらいたい。自動シャットダウンは、ユーザーにとっては予期しないことかもしれないが、電子部品が電圧が低くなることで故障するのを避けるための対策」としている。

特筆すべき点は、消費者からは予期せずシャットダウンしてしまう不具合が起きているのはiPhone 6sだけではないという声が寄せられていることだ。今月1日、中国消費者協会がまとめた消費者から寄せられた関連の情報によると、予期せずシャットダウンしてしまう不具合はiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus、また、15年9〜10月以外に製造されたiPhone 6sでも発生している。同協会は、アップル社に対して、「すぐに原因を究明し、解決策を発表する」よう求めている。

アップル社は、「予期せずシャットダウンしてしまう不具合が発生する他の可能性も調べたが、まだ原因を突き止めることはできていない」とし、「ユーザーからの報告に引き続き注目し、分析を進める」としている。(提供/人民網日本語版・編集KN)