1

企業が2016年に公開したCMの中から最もシェアされたムービーのトップ20をニュースサイトのAdweekが発表しました。思わず笑ってしまうものや、「すごい!」と声を上げてしまうもの、ジーンと感動するものなどさまざまなムービーがランクインしています。

The 20 Most Viral Ads of 2016 | Adweek

http://www.adweek.com/news-gallery/advertising-branding/20-most-viral-ads-2016-174885

◆1位:John Lewis Christmas Advert 2016 - #BusterTheBoxer - YouTube

1位はイギリスの百貨店John Lewisのクリスマス向けのCM。映し出されたのは、何かをジッと見つめている1匹の犬。



犬が見つめていたのはベッドの上で飛び跳ねる少女。



少女が寝静まったころ、家の庭でお父さんが何かを組み立てています。



お父さんが組み立てていたのは、クリスマスプレゼントのトランポリン。



そのトランポリンの前に姿を現した2匹のキツネ。



キツネたちはトランポリンでジャンプして遊び始めました。



今度はアナグマがやってきます。



アナグマもキツネたちと一緒にトランポリンで遊び始めました。



最後はハリネズミやリスも加わり、楽しそうに飛び跳ねています。



その様子を見つめていたのが、先ほどの犬。どこかさみしげな表情です。



朝になると少女が庭に飛び出します。



そしてプレゼントのトランポリンを発見。



トランポリンに駆け寄る少女の目の前を、何かが横切ります。



その正体は、さみしそうに動物たちのトランポリンを見ていた犬。



自分も遊びたかったのか、犬は楽しそうに飛び跳ねまくります。



あぜんとする子どもと……



お父さんとお母さんでした。誰もが喜ぶプレゼントをクリスマスに……というメッセージが込められたCMです。



◆2位:We're The Superhumans | Rio Paralympics 2016 Trailer - YouTube

2位はイギリスのテレビ局・Channel 4のパラリンピックのコマーシャル。その詳細は以下の記事から確認できます。

人間はどこまで鍛錬できるのかの可能性をまざまざと見せつけるリオ・パラリンピック公式ムービー「We’re The Superhumans」 - GIGAZINE



◆3位:Best Day Of My Life | Shell #makethefuture - YouTube

3位はロイヤル・ダッチ・シェルグループのCMで、「みんなで一緒に未来を作ろう」というテーマになっています。



階段状に並んだ部屋ではアーティストが歌っていたり、自動車が走っていたりとさまざまなことが進行中。



この部屋ではエスプレッソマシーンから出たゴミを穴にポイッ。



捨てられたゴミは機械を通って……



固形燃料へとリサイクル。



バーベキューの火の燃料として使われています。



この部屋では1リットルのガソリンを注ぎ……



レースカーが爆走中。



太陽光発電を行う家々。



その周りにあるアーティストの部屋は、太陽光のおかげで電気がついています。



さまざまなエネルギーを未来のために適切に使おうというCMでした。



◆4位:‫ڤودافون - العيلة الكبيرة رمضان 2016‬‎ - YouTube

4位はエジプトのVodafonのCM。ミュージカル風になっていて、陽気な音楽やダンスなど作品全体から楽しそうな雰囲気が漂っています。



◆5位:OK Go - Upside Down & Inside Out - YouTube

5位にはクリエイティブなミュージックビデオで知られるバンド「OK Go」の「Upside Down & Inside Out」です。その詳細は以下の記事から確認できます。

「OK Go」が無重力空間で宙を舞う前代未聞のミュージックビデオ「Upside Down & Inside Out」を公開 - GIGAZINE



◆6位:Nike Football Presents: The Switch ft. Cristiano Ronaldo, Harry Kane, Anthony Martial & More - YouTube

6位にランクインしたのは、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドと1人の少年の体が入れ替わってしまうというストーリーのNikeのCM。CMとは言っても5分以上の長さで、素晴らしい完成度になっています。

突然世界最高のサッカー選手C・ロナウドと身体が入れ替わってしまった少年を描く「THE SWITCH」がいろんな面で完成度高め - GIGAZINE



◆7位:Doritos® Crash The Super Bowl Finalist - Ultrasound - YouTube

7位はドリトスのCM。舞台は病院で、ある夫婦が超音波検査でおなかにいる赤ちゃんの様子を見に来たというもの。



元気そうな赤ちゃんを確認しうれしそうなお母さん。



しかし、お父さんはドリトスをムシャムシャと食べています。



こんなときになぜドリトスを食べているのか、と不機嫌になるお母さん。



それでもドリトスを食べつつけるお父さんですが……



赤ちゃんがドリトスをつかもうとしていることに気づきます。



ドリトスを移動させると、赤ちゃんも手を動かして取ろうとします。



これにはお父さんも爆笑。



しかし、怒ったお母さんはドリトスを取り上げて投げてしまいました。



すると、赤ちゃんが突然前屈の姿勢になり……



ジャンプするような形で母体から飛び出していきました。



突如の出産にお父さんもビックリです。



◆8位:Why is Laundry only a mother’s job? Dads #ShareTheLoad (Hindi) - Ariel - YouTube

8位はインドで放送された洗濯用合成洗剤アリエールのCM。「なぜ洗濯は母の仕事なのか?」というテーマで描かれています。



◆9位:Cadbury Dairy Milk - Aliens - Canada (40 secs) - YouTube

Cadburyのチョコレート「Dairy Milk」のカナダのCMが9位に入りました。飛び去る宇宙船を見守る宇宙人。



宇宙船が飛び立った場所には、Dairy Milkが残されていました。



袋を開けて一口食べると……



宇宙人は突如ハッピーになり踊り出します。



その様子を見ていた宇宙人たちもパクリ。



みんなでダンスタイムの始まり。



しかし、残っているチョコレートはもうゼロ。



テンションがた落ちの宇宙人たち。



しかし、倉庫のような場所で大量のDairy Milkを発見。



大喜びの宇宙人たち。



みんなでDairy Milkを食べて再びパーティ開始です。



◆10位:เชิดชูพระคุณครู Teachers (Full Version) : หนังครู 7-Eleven Thailand - YouTube

10位は、学校を舞台にした心温まるストーリーが評価を集めたセブン-イレブンのタイのCM。



◆11位:Tuloy Pa Rin - YouTube

フィリピンのマクドナルドのCMが第11位です。映し出されたのはマクドナルドで席を探す女性。



女性が見つけた席には、カップルが座っていました。



座席に座っている女性は悲しげな表情を見せます。



立ち去る男性を引き留める女性。



女性は号泣してしまいます。



号泣する女性をおいて立ち去る男性。悲しい男女の別れです。



泣いている女性の姿がスゥーッと消えていきました。



カップルの別れは、どうやら女性の記憶だった模様。



勇気を振り絞り、席に座る女性。



ハンバーガーを食べると……



ニッコリと笑いました。



これは新しいハンバーガーのCMでした。



◆12位:The Conductor - YouTube

第12位は、2016年4月13日にNBAを引退したロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントを主役にしたNikeのCM。ムービーの公開日もコービー・ブライアントの引退試合と同じ4月13日です。



試合時間は残りわずか。



ボールを持ったコービー・ブライアントがフェイドアウェイシュート!



ボールは見事にゴールに吸い込まれ、同時に試合終了。



勝利して雄たけびを上げるコービー・ブライアントですが……



敵チームの観客は「やりやがったなコービー!」と怒り心頭です。



罵声を浴びせられ、明らかに怒っている表情のコービー・ブライアント。



しかし、試合ギリギリで負けてしまった敵チームのファンは「帰れ!帰れ!」と連呼しています。



コービー・ブライアントがファンに対して「聞こえないな」というような仕草をすると……



ライトが突如消えました。



ライトアップされたコービー・ブライアンとが観客を指さすと……



1人の観客が立ち上がって「お前のことが大嫌いさ〜♪」と哀愁あふれる音楽にのせて歌い始めました。



「ずっと前から〜♪」



「何だよ今更♪」



「引退して自由になりたいんだろう♪」



コービー・ブライアントは歌う観客の指揮者。



「お前のことが目障りだったのに〜気づいたらお前の虜になっちまったよ〜♪」



ここからは全員が立ち上がり大合唱が始まります。「ずっと嫌いでいたかったのに〜♪」



「こんなに大嫌いなのに〜大嫌いだ〜大嫌いだ〜♪」



大合唱の中、コービー・ブライアントはコートを去るのでした。



コービー・ブライアントは引退するまでロサンゼルス・レイカーズ一筋で5回のNBA制覇を達成。試合終了間際でゴールし逆転する勝負強さを持っており、幾度となくブザービーターを沈めて、相手チームのファンからは嫌われることもありました。憎まれ役だったコービー・ブライアントですが、バスケットボールに対する真剣な姿勢がファンの心をつかみ、引退時はコービー・ブライアントのことが嫌いだったファンまでもさみしく感じた模様。なお、引退試合のとき、レイカーズは残り2分30秒で10点負けていたものの、コービー・ブライアントが1回もシュートをミスすることなく13連続得点を上げて逆転勝利しました。また、コービー・ブライアントは引退試合でキャリア6度目となる60得点を上げ、NBA史上最年長記録を達成しました。

Kobe Bryant Amazing last 3 minutes in his FINAL GAME vs Jazz (2016.04.13) - YouTube

◆13位:Volkswagen Trailer Assist - Backing up a trailer - Commercial - YouTube

13位はフォルクスワーゲンのCMです。映し出されたのは、平和そうな街。



ものすごいスピードでトレーラーを牽引した自動車が交差点を走っていきました。驚くべきことに、この自動車は後ろ向きに走行しています。



トレーラーを牽引しながらバック走行するという不思議な光景に驚く街の人たち。



駐車場でもバック走行を披露します。



「夢でも見ているのか」といった表情のおじいさん。



ラウンドアバウトも問題なくバック走行。



最後は、バック走行しながら車線を変更し……



自動車を追い越していきました。このCMは、トレーラーの牽引時に、車体とトレーラーをまっすぐにキープしたり、バック走行を補助してくれたりするフォルクスワーゲンの技術「トレーラーアシスト」をアピールするものでした。



◆14位:Samsung Galaxy S7 and S7 edge: Official Introduction - YouTube

14位にランクインしたのはSamsung Galaxy S7&S7 edgeのCM。詳細は以下の記事から確認可能です。

防水防塵対応&microSDスロット復活の「Galaxy S7/S7 edge」が登場 - GIGAZINE



◆15位:OK Go - The One Moment - Official Video - YouTube

ロックバンド「OK Go」のミュージックムービー「OK Go - The One Moment -」が第15位。どのようなムービーかは以下の記事から確認できます。

わずか4.2秒で撮影した瞬間を超スローモーションで表現したOK Goの新作MVがすごすぎ - GIGAZINE



◆16位:Spread the true Spirit of Ramadan (with English Subtitles) - YouTube



16位はバングラディッシュのクノールのCMで、テーマはイスラム教の「断食」です。翌日から断食を初めて経験する子どもを心配するお母さんが「大丈夫?おなか減ってないの?」と子どもに聞いています。



子どもは「大丈夫だよ」とそっけない返事。



断食が始まる前にピザ屋へ行くことに。



ピザを購入して出てくる少年はどこかうれしそう。



再びリキシャーに乗ると、子どもが「お母さん、断食ってご飯を食べないだけなの?」とお母さんに聞きます。



お母さんは「いいえ、断食はセルフコントロールを学んだり、他の人の苦しみを理解したり、おなかが減っていても他の人に敬意を払えるように学んだりするためのものよ」と説明。



子どもは「なるほど」と理解した様子。



すると、お母さんはリキシャーの運転手に「もっと速く走ってちょうだい!」と怒り気味に文句を言いました。



運転手は「僕は今断食の最中で、ちょっと弱っているんだ」と答えます。



断食の教えを子どもに説いたばかりのお母さんは少し気まずそうな表情です。



運転手が仕事を終わって休憩していると、先の子どもがピザを渡しにきました。



運転手にピザを渡すように諭したのはお母さん。このCMを見ると、イスラム教徒の断食が何を意味するのか少し理解できた気がします。



◆17位:momondo - The DNA Journey - YouTube

17位はデンマークの旅行サイト「momondo」のCM。このCMは世界各地から集まった、純血主義とまではいかないものの自分の国が一番と考えている人を対象にDNAテストを行うというもの。



事前のインタビューでは、特定の国や人が嫌いと言っていた人たちですが、自分のDNAにそういった国の人のDNAが混じっていることを知り、思わず驚いてしまいます。



僕は100%キューバ人だと言っていた人は、DNAテストの結果を見て開いた口がふさがりません。



「俺は純血のイングランド人だ。一番嫌いなのはドイツ人」と言っていた男性ですが、DNAの5%はドイツ人だということを知り思わず笑ってしまいます。



中には、遠い昔にいとこ同士だったという2人も現れ、一同は感動に包まれます。これは、momondoがキャンペーンを行っていた、DNAテストの結果を自分でたどる「ルーツを探す旅」のCMでした。感動の結末を称賛する声がある一方で、「俳優が出演している」「完全にやらせではないか」といったコメントが投稿されているのも事実です。



◆18位:Aquila's First Flight - YouTube

18位はFacebookが進めているWi-Fiドローン機「Aquila」のテストフライトの様子を収めたムービー。テストフライトの詳細は以下の記事から確認できます。

Facebookが世界中にネットを届けるWi-Fiドローン「Aquila」の実機がついに初フライトに成功 - GIGAZINE



◆19位:Mentos Mentors I Berteman dengan Orang Baru Itu Mudah, dengan Bantuan Kecil - YouTube

19位はインドネシアのメントスのCM。テーマは人々が忘れてしまった「つながり」です。



子どもが仕掛け人となり……



大人に指示を出して、知らない人とコミュニケーションをはかるという企画。



「まずコーヒー飲んでるおじさんの前に座って話しかけて!あなたは私のおばあちゃんにすごく似てるって!」と指示を出す子ども。



この女性は指示通りに「あなたは私のおばあちゃんにそっくりなの」とおじさんに話しかけます。



おじさんは「それはいいね」と言いながら、気まずそう。



女性の「もうすぐ死んじゃうの?」という突然の質問に「いいえ、死にませんよ」と返した男性は、最後に女性から「すぐに死なないでね。あなたはとってもいい人だから」と言われ、思わず笑っています。



この少女は「そこの席に座って女の人にしゃべりかけて。話すのは『昔話を教えてあげる。昔々、あるところに金魚がいました。その金魚はひとりぼっちでした。おしまい』だよ」とむちゃくちゃな指示を男性に出します。



指示を受けた男性は女性の前に座り、少女から言われた通りに昔話を話しました。



女性は笑いながら「ものすごく珍しい昔話ね」と言いながらも、その場はなごんだ様子。



緑のシャツを着た女性が子どもから受けた指示は「そこで寝転んでいる人にダンスしようって話しかけて」というもの。女性はおそるおそる近づき……



「ダンスしません?」と話しかけます。



話かけられた女性は「え?今?まずはあなたから踊って見せてよ」と笑いながら返答。



結局のところ、子どもの指示に従うがまま踊ってしまう2人でした。



子どもの指示は終始むちゃくちゃなのですが、なぜか会話ははずみ最後にはハグを交わすまで仲良くなることも。



この2人の男性はハイタッチを交わしていました。



指示を出していた少女も「よくできました!」と満足そうな様子です。



「人と人をつなげるのは、小さな助けがあればとても簡単」



仲良くなった後は、メントスを一緒に食べて楽しそうな雰囲気です。



◆20位:First Look at Nintendo Switch - YouTube

第20位は2017年3月に発売予定の「Nintendo Switch」の初公開ムービー。詳細は以下の記事から確認できます。

任天堂次世代機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」とは?そして「スプラトゥーン2」と思われる画面も - GIGAZINE