画像

写真拡大 (全2枚)

 IMJは、LINEのトーク画面上で企業のチャットボットと会話しながら、告知から応募、当選通知まで行える「1 to 1トーク型キャンペーンパッケージ」の提供を開始した。

 IMJは12月2日、LINE向けのサービス「1 to 1トーク型キャンペーンパッケージ」の提供を開始した。

 同サービスでは、LINEが発表した「Messaging API」を活用。LINEのトーク画面上で会話をしながら「キャンペーンのお知らせ」から「応募」「アフターケア」までワンストップで行える。

 これにより、チャットボットを通じユーザーと1 to 1で対話をしながら、LINEのトーク画面上で企業がキャンペーンを完結することが可能となる。

 また、今回のサービスとすでに同社がリリースしている「オウンドBOTサービス」を併用することで、広告コミュニケーションからCRMへ誘導することも可能になっている。

MarkeZine編集部[著]