<ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日◇4日◇アルバニーGC>
「日本オープン」から世界を股にかけて5戦4勝。この事実にゴルフ界がうなった。タイガー・ウッズ(米国)の主催大会である「ヒーロー・ワールドチャレンジ」をヘンリック・ステンソン(スウェーデン)との競り合いの末に制した松山英樹に海外メディアも「タイガーをほうふつとさせる」などと速報を打った。
松山英樹のスーパーイーグル動画!ワンバウンドでカップにズボ!
7打のリードを迎えてスタートした最終日。3番パー5で3打目を2メートルにつけてバーディを先行させると、9番パー5でもバーディを奪ってこの時点で21アンダーにスコアを乗せた。しかし、後半は10番でダブルボギーを叩くと、14番でもボギーと一転して苦しい展開となった。追撃するのは同組でプレーする今年の「全英オープン」覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)。16番を終えた時点でその差は2打まで縮まりプレッシャーのかかる上がり2ホールとなった。
それでも、17番パー3は完璧なティショットを放つなど真っ向から受けて立った。2打差のまま迎えた最終18番はフォローの風でセカンドがグリーンをオーバー。ステンソンはバーディチャンスにつける最後の試練を迎えたが、グリーン奥からのアプローチを絶妙に10センチに寄せて勝利を確信。ステンソンも松山に歩み寄って祝福した。
表彰式ではプレゼンターを務めたウッズとの夢の2ショットが実現した。ウッズ自身も「英樹はアンビリーバブルなゴルフをしている」とコメントしており、現在最も勢いの乗る若手スターの実力を認めた。
【最終結果】
優勝:松山英樹(-18)
2位:ヘンリック・ステンソン(-16)
3位T:リッキー・ファウラー(-13)
3位T:マット・クーチャー(-13)
3位T:ダスティン・ジョンソン(-13)
6位T:ブラント・スネデカー(-11)
6位T:ジョーダン・スピース(-11)
6位T:バッバ・ワトソン(-11)
15位:タイガー・ウッズ(-4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>