竜星涼らが「先生!」に出演決定 (C)河原和音/集英社
(C)2017 映画「先生!」製作委員会

写真拡大

 生田斗真と広瀬すずが共演する「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未が出演していることがわかった。

 一見生真面目で無愛想だが、優しく生徒思いな教師・伊藤貢作(生田)と、伊藤を一途に思う女子高生・島田響(広瀬)の恋愛模様を描くラブストーリー。「青空エール」「ホットロード」など青春恋愛映画を多く手掛けてきた三木孝浩監督がメガホンをとり、「心が叫びたがってるんだ。」の岡田麿里が脚本を担当する。

 竜星は響が所属する南高弓道部の部員・川合浩介役、森川は同弓道部に所属する千草恵役を演じる。健太郎が南高と同じ地区の北高弓道部のエース・藤岡勇輔役に扮するほか、中村は伊藤の同僚教師・関矢正人役、比嘉も同様に美術の授業を受け持つ中島幸子役として出演。伊藤と響と同様、川合らにも教師と生徒という立場を超えた恋模様が紡がれていく。

 このほど、1週間以上にわたる地方ロケが修了。竜星は「人を思い恋することのせつなさと輝きを純粋に描いたこの作品に出演できること、とてもワクワクしています」と撮影を振り返る。森川は「登場人物全員がそれぞれ自分の思いを持っていて、その思いに向き合っていこうとするのに障害によって阻まれてしまう。しかし愛の力で乗り越えていく」という物語の魅力に心惹かれたという。一方、健太郎は教師と生徒の恋愛というはかない要素を含むストーリーだからこそ「それぞれの純粋さが浮き彫りになる作品」と説明している。

 中村は、生田が演じる伊藤とは「対照的な教師」と自身の役柄を解説し「キラキラと輝く熱く淡い物語に、少しだけ舌触りの良いスパイスを加えられたら」と意欲的。比嘉は「またご一緒できることが本当に嬉しいです!」と、「僕等がいた」(2部作)の出演以来となる三木監督との再タッグを喜んでいる。「先生!」は、2017年秋に全国順次公開。