両手ガッツポーズを見せる錦織圭【写真:Photo Concierge Subramanium Srinivasan】

写真拡大

2日続けて日本のファンの前で躍動、21歳の新鋭に勝利

 錦織圭(日清食品)が2日連続で日本のファンの前で世界トップレベルの技術を披露した。4日にさいたまスーパーアリーナで行われた「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(IPTL)」に出場し、男子ダブルスと男子シングルスに出場。シングルスでは21歳の新鋭相手に勝利するなど、世界ランキング5位の貫禄を見せた。

 錦織擁する「JAPAN WARRIORS」はこの日、「SINGAPORE SLAMMERS」と対戦。第1試合の女子シングルス、エレナ・ヤンコビッチ対キキ・ベルテンスが6-2でベルテンス、第2試合の混合ダブルスのヤンコビッチ/ジャンジュリアン・ロジェ組対ニック・キリオス/ベルテンス組が6-5で前者、第3試合のレジェンドシングルスのマラト・サフィン対カルロス・モヤは6-1でモヤが勝利した。この3セットに声援を送った錦織は、前日と同様に第4試合の男子ダブルスから登場した。

 第3試合までで9-17と大差がつく難しい状況となったが、ベルダスコと組んだ男子ダブルスで錦織は、前衛の位置で至近距離でのボレーの連続にも鋭く反応し続けてポイントを取ると、両手ガッツポーズをするシーンも。5-5に持ち込まれた熱戦は独自ルールのシュートアウト制の末にキリオス/メロ組に敗戦したものの、前日完敗したダブルスで意地を見せた。

「特にシングルスでいいプレー出来た」、マスターズと四大大会初制覇に意欲

 最終戦となった男子シングルスでは、成長著しい世界ランキング13位のニック・キリオス(オーストリア)と対戦。錦織のテクニック、キリオスの強打でお互いのサービスゲームをキープしあう中、錦織のサービスの第6ゲームでは0-40の苦しい状況から4連続ポイントを奪取し、ブレークを許さなかった。勢いに乗った錦織は続く第7ゲームを鮮やかにブレーク。第8ゲームをキープすると第9ゲームもブレークし、6-3とした。

 今大会の特別ルールとして、最終セットを獲得したチームが負けている場合、総ゲーム数が同点になるまでセットを続けられるルールがある。錦織は20-26の状況からの大逆転を狙い、オーバータイムで2連続ゲームを奪う意地を見せた。しかし、最終的にはキリオスが1セットを奪い、9-4で試合終了となった。

 錦織は試合後の会見で「今日もメチャクチャ疲れましたけど、内容のいい試合ができました」とこの日の戦いを振り返りつつ「この2日間でいい2セットができました。特にシングルに関してはいいプレーができました」と、今年最後となるプレーに自ら及第点。「来年はマスターズ、グランドスラムでよりいい成績を残したい」と、ATPマスターズ1000、四大大会初制覇に向けての意欲も見せていた。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
Photo Concierge Subramanium Srinivasan