北朝鮮空軍の戦闘飛行術競技大会ー2016を指導した金正恩氏(2016年12月4日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍航空・対空軍(北朝鮮空軍)の飛行指揮メンバーの「戦闘飛行術競技大会ー2016」を指導した。李雪主(リ・ソルチュ)夫人が同行した。朝鮮中央通信が4日、報じた。

同通信によると、金正恩氏は飛行指揮メンバーと戦闘飛行士に出撃命令を下し、競技が行われた。

金正恩氏は、競技を見ながら飛行術が高いと満足し、「飛行訓練を強化してすべての飛行士をいかなる不利な条件でも飛行戦闘任務を立派に遂行できるように準備させなければならない」と述べた。

北朝鮮空軍の戦闘飛行術競技大会ー2016を指導した金正恩氏(2016年12月4日付労働新聞より)

北朝鮮空軍の戦闘飛行術競技大会ー2016を指導した金正恩氏(2016年12月4日付労働新聞より)


さらに「いったん、最後の攻撃命令が下されれば一気に離陸して侵略の本拠地を容赦なく焦土化し、南進する人民軍部隊に進撃の大路を開いてやれ」と強調した。

李洙墉(リ・スヨン)、李萬建(リ・マンゴン)、呉秀容(オ・スヨン)、金英哲(キム・ヨンチョル)、李日煥(リ・イルファン)、李英来(リ・ヨンレ)、李炳哲(リ・ビョンチョル)の各氏と人民軍将兵が競技を見た。