森下悠里

写真拡大

グラビアアイドルの森下悠里が、幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンショ 2016」内で12月3日に開催された映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』のPRイベントに、ヒロインのセリーンをイメージしたセクシー衣装で登場した。

[動画]『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』予告編

本作は、ケイト・ベッキンセール演じる吸血鬼族ヴァンパイアの処刑人セリーンの戦いを描く人気シリーズ第5弾。森下は「(この衣装は)セリーンよりも露出してます」と露出度をアピールすると、セリーンとの共通点については「実は私、紫外線アレルギーがあって、ヴァンパイアと同じで紫外線が苦手なんです。長時間日光を浴びていられないので、デビュー当時から畳とかの室内で撮影してました。グラビアがもう11年になるんですけど、最近は年齢的にも畳を求められるようになってきましたね」と笑いながら明かした。

本作の見どころについては、「2003年からスタートして今回で5作目ですが、主人公セリーンがどんどんパワーアップしていて、演じるケイト・ベッキンセールさんの美しさも、さらに磨きがかかっている。しかも、こんなに美男美女が出てくる映画はなかなかないと思うんです。激しいアクションシーンも満載だけど、すごく(主人公が)キレイっていう独特の世界観なので、女の子でも見やすい作品だと思います」と話した。

さらに、2丁拳銃を持つ姿がトレードマークということで、欠かせない持ち物について聞かれると「鏡とリップグロスが欠かせません。私、鏡がないと生きていけないんです。どうしても落ち着かなくて」と回答。

また、アクションシーン同様に、グラビアアイドルとして大変なポージングについての話題になると「最近大人になってきてお尻と太ももが良い感じなんです。なのでお尻と胸と顔を見せるポーズをカメラマンさんからも要求される」と明かし、後ろ向きにお尻を突き出すと、振り返りながら胸を強調するセクシーポーズを披露した。

『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』は2017年1月7日より全国公開となる。